DAZ STUDIOメニュー日本語化リソースファイルを配布中

DAZ STUDIOの日本語化に成功した!

DAZ STUDIOを日本語化
▲メニューが日本語に!

といっても、メニューが半分くらい日本語化できただけ。

DAZ STUDIOがバージョンアップしていく過程で、ある程度のメニュー名が外部リソースファイルに外出しになり、編集可能になったことで、メニューを日本語に差し替えられるようになったんだと思う。

ダウンロード・インストールがまだの人はこちら。

DAZ STUDIOの使い方 ダウンロード、インストール、初期設定など。

日本語化ファイルダウンロード

DAZ Studio 4.12用に編集したファイル(Default Advanced.dsx)はこちら。

Default Advanced

※4.13以降の新しいDAZ Studioに適用するとメニューがおかしくなる可能性あり。

下記ファイルに上書き後、DAZ Studioの画面上部メニューから、Window→WorkSpace→Update and Merge Menusを実行で日本語化される。

  • C:\Program Files\DAZ 3D\DAZStudio4\resources\menus\Default Advanced.dsx

詳しい手順は以下。

DAZ STUDIOの日本語化手順

ざっくり言うと、DAZ STUDIOのメニュー名等が記述されているリソースファイルを書き換える。

オプション一発で書き換えられるわけじゃないので、まあまあめんどくさい。

DAZ Studioのインストールフォルダから、以下のファイルを編集可能なフォルダ(マイドキュメントなど)にコピーする
対象ファイルのバックアップを取っておく
対象ファイルを直接編集しようとすると、「上書き禁止」になるため、いったん適当なフォルダにコピー。対象ファイルは以下の通り。
  • C:\Program Files\DAZ 3D\DAZStudio4\resources\menus\Default Advanced.dsx

念のため、上記のファイルは別の名前をつけてコピーを取っておくなど、万が一に備えてバックアップしておこう。

でもまあ、最悪DAZ Studioを再インストールすればいいので、さほど気にしなくてもいいかも。

コピーしたファイルの「Label=”…”」の部分を日本語に書き換えていく
例えばこんな感じ。
 ↓
同じ記述が結構出てくるので、例えばテキストエディタで「Label=”Copy”」を「Label=”コピー”」に一括置換したりすると、書き換えの手間が多少減る。
UTF-8形式で保存する
テキストエディタで「名前をつけて保存」する際に、形式を「UTF-8」で保存する。SJIS形式で保存してしまうと、日本語にした部分が文字化けを起こすので注意。
編集済みファイルを、C:\Program Files\DAZ 3D\DAZStudio4\resources\menus\Default Advanced.dsx に上書きコピー
管理者権限がどうとかエラーが出て失敗する場合は、管理者権限を持つユーザでコピーしよう。
DAZ Studioの画面上部メニューから、Window→WorkSpace→Update and Merge Menusを実行
設定ファイルに沿って、メニューを更新するためのものだと思う。
実行すると、こうなる。
ヒャアッッハァー! 日本語化ァーッ!
中途半端だけど、配下に項目を持つ部分が日本語になっている。
あれ?「Window」「Edit」「Create」が英語のまま残ってる。
一部のツール(FluidosHeadshopなど)が、元の英語メニューで項目を作っちゃうのかな。

日本語化設定を保存する

日本語化されたら、ワークスペースを適当な名前で保存しておくと、後から使い回しが出来て便利だ。

DAZ Studioのアップデート後にも設定ファイルが上書きされない(はず)なので、ぜひやっておこう。

ウインドウ→ワークスペース→Save Layout Asを選択

Nameに適当な名前をつけてAcceptをクリック

保存された。Window→Workspace→Select Layout…から呼び出せるようになった。

困った点 アクセラレーターが効かない

どのくらい使っている人がいるのかわからないが、メニュー名の先頭1文字をキーボードから入力することで欲しい機能にたどりつく「アクセラレーター」が効かなくなる。

設定ファイルの書き方次第でどうにかなるのかも知れないが…。

追記)&ファイル→&Fファイルとすると、Fでアクセラレータが効くようになる。

表示は「Fファイル」となって見栄えが悪いので、(&F)ファイルとすると、Fがアクセラレータキーになって、表示も「(F)ファイル」となって見やすい。

※当ブログを読まれた方から情報をいただきました。

まとめ

はっきり言って、メニューの一部が日本語化できただけなので、まだまだな印象。

でも、以前調べた時は、一箇所たりともガチガチに日本語化できなかったのだから、だいぶ進歩したと言えるのかも知れない。

DAZ STUDIO完全日本語化に向けて、さらなる進化を待ちつつ、今回の覚書を終わる。