クリスタの購入価格 EXとPROの機能の違いは?

クリップスタジオは、マンガやイラストが描けるお絵描きツールだ。

私は、DAZ STUDIOのレンダ画をなぞって、マンガっぽい絵を作りたかった。一ヶ月くらい試行錯誤して、これくらいの絵を作れるようになった。

クリスタで描いた絵

多彩な素材が利用でき、プロの「生きた線」を再現するペンの入り抜きや集中線、流線といった技法が、いともたやすくツールで実現できてしまう。これはいい。

ウェブ漫画を描くなら通常版で十分、同人誌など複数ページの漫画を印刷したいといった場合には、最上位版のEXを検討するのが良いだろう。

無料お試し期間が1ヶ月あるので、実際に使ってみるのが一番確実だ。

CLIP STUDIO PAINT PRO (通常版)

CLIP STUDIO PAINT EX (最上位版)

クリップスタジオのPROとEXの違いは何が違うの?

クリップスタジオには3つのグレードがあり、DEBUT、PRO、EXを選択する必要がある。

クリスタのグレード

DEBUT(デビュー)は、機能お試し版のような扱い。ペンの入り抜きを実現する「ベクターレイヤー」という超重要機能が使えないため、「そこらのお絵かきソフト」と似たりよったりなグレードと言えるだろう。どんなものか触ってみるにはいいかも知れない。

PROは、主要な機能を一通り搭載したグレード。おそらく、ほとんどの人がこのグレードを選ぶ。イラストやウェブマンガを描くにはこれで十分。値段も5,000円と安い。

EXは、同人誌を出版するような長編漫画制作用の最上位グレード。複数ページの管理機能や、3Dオブジェクトを直接イラストに取り込む機能など、高度な機能も使えるようになっている。お値段は23,000円。

なお、PC版には「買い切り」と「サブスク」という支払い方法がある。

クリスタのiPad版は何が違うの?

機能はPC版とまったく同じ。PRO版(通常版)と、EX版(最上位版)があり、グレードによって機能が異なる。

購入方法に「買い切り」がなく、「サブスク(月額払い)」のみという点が、PC版と異なる。

クリスタの値段と購入方法

PC版のクリスタには「買い切り」と「サブスク(月額払い)」があり、iPad版は「サブスク」のみ。

表にするとこう。


※DEBUTはPIXIVのプレミアム会員の特典としてのみ入手できる。つまり、プレミアム会員費用(月額550円)を払っていると使えるので「サブスク」のようなものと言えるだろう。

関連)[pixiv] CLIP STUDIO PAINT DEBUT 

また、iPad版DEBUTというグレードは存在しない。

クリスタの値段 買い切りと月額(年額)

具体的な値段を見ていこう。PC版のみ「買い切り」で購入が可能。

「買い切り」は、PC2台分のライセンスが使えるので、家でデスクトップPC+外出時にノートPCという構成で使うなら、もっともコスパのいい構成と言えるだろう。(※上記はダウンロード版価格。)

いっぽう、月または年単位で定額を支払う「サブスク」は、好きなタイミングでやめられる点がメリット。

同時使用台数によって「1デバイス」「2デバイス」「プレミアム(4デバイス)」というプランが用意されている。

「せっかく買っても使いこなせないかもな…」という場合は、いったん月額で利用するのもいいかも知れない。だが、無料お試しが一ヶ月ついてるので、その期間で見極めるのがいいだろう。

iPad版は月額または年額払いのみ

なお、iPad版はPC版のような「買い切り」がなく、サブスク(月額使用料を払って使う方式)のみとなっている。

サブスクの場合は、年払いでまとめて払うと、31%~51%の割引になる。

すぐやめられるのが月額のメリット、値段を安くできるのが年額のメリットと言えるだろう。

クリスタのDEBUTから、PROへの値段(優待価格)

これは、間違えてDEBUTを買っちゃった人への救済措置と言えるかも。

DEBUTは、「クリスタのいい感じの機能がほとんど封印された機能限定版」である。PIXIVのプレミアム会員費用550円/月を払えば使えるのだが、「これじゃ、クリスタを使う意味がない」と感じる人も少なくないだろう。

そんな場合は、DEBUTユーザの優待価格として、PC版PROの購入が4,500円になるのでチェックしておこう。

優待価格購入するには、CLIP STUDIOにアカウントを作っておいて、「マイページ」に、DEBUTのシリアルナンバーを登録してから、購入するだけ。

CLIP STUDIO PAINT PRO (通常版)

PROの購入ページを開いたら、左上のアカウント名が表示されている部分をクリックし、「マイページ」を選択する。(ログインしている場合)

マイページが開くので「コードを登録」をクリックし、クリスタDEBUTのシリアル番号を入力し、「コードの登録」をクリック。

なお、クリスタDEBUTのシリアル番号管理ページはこちら。(PIXIVに要ログイン)

[pixiv] CLIP STUDIO PAINT DEBUT シリアル管理

画面が切りかわり、PROが4,500円になった。

なお、DEBUT→EXの場合は、特に割引はないようだ。

多少面倒だが、優待価格でPROを4,500円で購入、PRO→EXアップグレードを購入という手順を踏めば、間接的にDEBUT→EXの場合にも500円の優待を受けることができる。

クリスタの購入

PC版を「ずっと使う」なら、当然「買い切り」がお得。十年使おうが、追加料金は発生しない。

けど、「オレ1年以内に飽きて使わなくなるかも…」という人には、サブスク版が安心かもしれない。

CLIP STUDIO PAINT PRO (通常版)

CLIP STUDIO PAINT EX (最上位版)

クリスタ

漫画:みなさんさようなら、僕は異世界にいます

16P。 つづく クリスタではじめて描いた漫画。 関連 クリスタで漫画を描く
クリスタ

クリスタの吹き出し機能 フキダシツールの操作と作成方法

クリスタの吹き出し機能 クリスタの吹き出し機能は、漫画を描くのに必須の機能。基本機能だけでも「楕円」「角丸」の吹き出しと、「フキダシシッポ」が描ける。自由に吹き出しの形状を描ける「曲線吹き出し」なども用意されている。 関連 クリスタ...
クリスタ

クリスタのワークスペース配置の変更 パレットを見やすくする方法

クリスタのワークスペース配置について覚書してみたい。 クリスタのパレットをタブレット用に変更 小さめの液晶タブレットを使っている私は、クリスタのメニューやアイコンが小さすぎて使いにくい…と思った。 だが、そもそもクリスタは多彩なカ...
クリスタ

クリスタのグラデーションマップで線画抽出 機能の解説動画と使い方

クリスタのグラデーションマップについて覚書してみたい。 クリスタのグラデーションマップ解説動画 解説動画をいくつか見てみたが、簡潔にテンポよく解説していて見やすいのがコレ。 12分の動画で、グラデーションマップの基礎、応用...
クリスタ

クリスタのフォント追加 マンガ対応書体やフリーのアンチック

クリスタのフォント使いについて覚書しておきたい クリスタのフォント追加(マンガ対応の書体) CLIPSTUDIOには、マンガのセリフに最適なアンチック書体が付属している。アンチックというのは、感じはゴシック、ひらがな、カタカナは明朝とい...
クリスタ

クリスタのショートカット一覧(初期設定)とカスタマイズ方法

クリスタのショートカットについて覚書してみたい。 クリスタのショートカット一覧(初期設定) クリスタのショートカットは、公式サイトからPDFで公開されている。 関連 クリップスタジオのショートカット一覧(公式) ただ...
クリスタ

クリスタのタイムラプス動画と録画機能

クリスタのタイムラプスは、記録した制作手順を動画化する機能。クリスタのイラストメイキング動画の紹介と、タイムラプス動画の記録の方法をご紹介。
クリスタ

クリスタのパース定規講座 遠近図法と簡単に使う方法

クリスタの立体作画サポート機能、パース定規。一点透視、二点透視、三点透視に対応。定規に沿った線がサッと引ける。具体的なパース定規の使い方や、定規の有効・無効化の切り替え、グリッド線の出し方を解説。
クリスタ

クリスタで漫画を描く マンガむけ機能と描き方講座

CLIP STUDIOで漫画を描く手順を覚え書きしてみたい。 クリスタで漫画を描く 私はイチから絵を描くのはハードル高かったので、DAZ STUDIOのレンダリング画像を元に、そこそこ見栄えのする漫画を描こうと思った。 私は絵が全...
クリスタ

クリスタのアニメーションの使い方 初心者におすすめの動画の作り方

クリスタのアニメーション機能の違い PRO、EXどっちがいい? クリップスタジオでは、グレードによってアニメーション設定の制限がある。 CLIPSTUDIO PAINT PROでは、1秒に24コマ以上のアニメーションを制作することは...
クリスタ

クリスタの素材 アセット、ペンやブラシのダウンロード

クリップスタジオの素材ダウンロードについてまとめておきたい。 クリスタの素材/アセットのダウンロード クリスタの素材(アセット)は、無料または有料でダウンロード可能。 CLIP STUDIO起動後にCLIP STUDIO ASSE...
タイトルとURLをコピーしました