クリスタの買い切りと月額、どっち? EXとPROの違いと購入

 

クリスタの買い切り/お試しでスタート

サブスクだと、月払いで3年、年払いで2年で分岐点が来る。


▲月額払いしたときの損得分岐点

しかも、長らくサブスク払いして改めて買い切りするときの心理的な「めっちゃ損したァァ!」感がすごい。(経験者談)

クリスタのお試し

クリスタにはPROとEXというグレードがある。これを決めるのが最初の悩みポイントだ。実際触ってみるのが早いだろう。

クリップスタジオは、マンガやイラストが描けるお絵描きツールだ。

私は、DAZ STUDIOのレンダ画をなぞって、マンガっぽい絵を作りたかった。一ヶ月の無料期間で試行錯誤して、これくらいの絵を作れるようになった。

クリスタで描いた絵

クリスタは、多彩な素材が利用でき、プロの生きた線を再現するペンの入り抜きや集中線、流線といった技法が、ツールとして用意されている。これはいいんじゃないか。

ウェブ漫画を描くなら通常版で十分、同人誌など複数ページの漫画を印刷したいといった場合には、最上位版のEXを検討するのが良いだろう。

無料お試し期間が1ヶ月あるので、実際に使ってみるのが一番確実だ。私は通常版で十分と思っていた。しかし、使っていくうちに、ウェブコミックを作るのにEXじゃないとダメだと気づいた。1枚絵ならPROでもいいけど、複数枚の漫画はEX必須だったのだ。

無料お試しはありがてぇと思った。

CLIP STUDIO PAINT PRO (通常版)

CLIP STUDIO PAINT EX (最上位版)

※クリスマスセールで12/28まで30%オフ。クリスタの割引は年に2回くらいある気がする。

クリップスタジオのPROとEX、どっちを選べばいい?

クリップスタジオには3つのグレードがあり、DEBUT、PRO、EXのどれかを選択する必要がある。

クリスタのグレード

DEBUT(デビュー)は、機能お試し版のような扱い。ペンの入り抜きを実現する「ベクターレイヤー」という超重要機能が使えないため、「そこらのお絵かきソフト」と似たりよったりな機能と言えるだろう。どんなものか触ってみるにはいいかも知れない。

PROは、主要な機能を一通り搭載したグレード。おそらく、ほとんどの人がこのグレードを選ぶ。1枚もののイラストやウェブマンガを描くにはこれで十分だが、複数ページの漫画を描くには物足りない。値段も5,000円と安い。

EXは、同人誌を出版するような長編漫画制作用の最上位グレード。複数ページの管理機能や、3Dオブジェクトを直接イラストに取り込む機能など、高度な機能も使えるようになっている。お値段は23,000円。

描画機能的には、PROとEXで違いはない。私は素人だし、当初は、PROで十分と思っていた。

フル機能版を一ヶ月使ってみて、漫画書くにはEXじゃないとダメだってことがわかった。

複数ページ漫画描くにはクリスタEX

10ページ漫画を作ったとして、最初から順にチェックしていく…ということがEXじゃないとできないのだ。ページ管理機能のあるなしは大きい。

じゃあEXでいこう、と決めたあと、PC版には「買い切り」と「サブスク」という支払い方法があることに気づく。

これがまた悩ましい。

結局私は、サブスクを続けている。あとから追加される機能が即使えるからという理由だけど、追加される機能が「そこはいらないな…」ということも多い。

例えば、2024年3月に追加されるという機能が「3D機能の強化」「レイヤーカンプ」(レイヤーの組み合わせを保存しておける?)、「アニメーションの強化」「カラーリファレンス」(配色をパクる?)だ。白黒漫画を描く目的だと、このへんはいらない。

というわけで、サブスクやめて買い切りにしたいなとも思うんだけど、その場合は「新たに買い切りの価格を支払う」ということになり、それはなんかイヤだなぁと思って、ズルズルとサブスクを続けているというわけだ。

一定期間サブスクを続けた人は、買い切り扱いになる、とかがあるとサイコーなんだけど、そこはあちらさんも商売だろうから、ムリだろうなぁ。

クリスタのiPad版は何が違うの?

人によっては、iPadオンリーでクリスタ使うという人もいるだろう。

機能はPC版とまったく同じ。PRO版(通常版)と、EX版(最上位版)があり、グレードによって機能が異なる。

iPad独自ルールは購入方法に「買い切り」がなく、「サブスク(月額払い)」のみという点。ここが、PC版と異なる。

クリスタの値段と購入方法

クリスタは今まで「買い切り(無期限版)」が一番得だったが、2023年以降は、無期限版+アップデートプランを購入しないと、機能追加アップデートを入手できなくなる。

アップデート人質作戦、とも言えるだろう。けど、今の時代しょうがないことなのかも。

クリスタの購入方法

PC版のクリスタには「買い切り(無期限版)」と「サブスク(月額払い)」があり、iPad版は「サブスク」のみ。

表にするとこう。


※DEBUTはPIXIVのプレミアム会員の特典としてのみ入手できる。つまり、プレミアム会員費用(月額550円)を払っていると使えるので「サブスク」のようなものと言えるだろう。

関連)[pixiv] CLIP STUDIO PAINT DEBUT 

また、iPad版DEBUTというグレードは存在しない。

クリスタの無期限版とアップデートプラン

今までは長く使うなら買い切りの「無期限版」一択だったが、機能追加アップデートを受けるには新たに「アップデートプラン」への加入が必要になる(2023年から)

無期限版(買い切り)と月額払い(サブスク)の違いをざっくり書くとこんな感じ。

関連 2023年以降のWindows / mac OS 一括払い(無期限)版の提供・販売方法変更予定のお知らせ

フルサービスを受けるには「無期限版購入+アップデートプラン(年額)」の支払いが必要になってくるのだ。

しかも、現在のバージョン1.xから2.0にバージョンアップすると、無期限版の買い直しが必要になる。

バージョンアップの頻度次第で、どの買い方がお得かは微妙になってくる

  • 月額(永遠にサブスク):バージョンアップ後も追加支払いは不要
  • 無期限版+アップデートプラン:バージョンアップ時に無期限版買い直し
  • 無期限版のみ:機能追加アップデートができない、バージョンアップ時に無期限版買い直し

関連 クリスタのアップデート

はー、ややこしい!

ネットの声は当初、「買い切りがいいに決まってんじゃん」が多数派だった。クリスタ側は「サブスクにすると、今後アップデートされる新機能を全部使えるよ」と言ってて、本当かよ金だけ取ってアップデートなんかしないんじゃないのか、という疑いもあった。順調に新機能が追加されていき、「じゃあサブスクかな」という人も増えているようだ。

買い切りで損する人と、サブスクで損する人を書き出してみるとこう。

ちなみに私は、どっちか決められなかったので、「とりあえずサブスク」というスタンスで今に至る。思うに、購入方法が二択だと私のような優柔不断な人間はどっち選んでもある程度後悔するんだと思う。

クリスタのバージョンは、2023年11月時点で2.2になっている。

リリースノート | CLIP STUDIO PAINT Ver.2.2

けっこうな量の修正がされてて、これを見てから「V2.0 買い切り版」に手を出すのはちょっと躊躇するなぁ…。まあ、買い切りよりサブスクがお得だぞぉ、というふうに見せる作戦なんだと思う。

実際、私はその作戦にハマって、結局サブスクで使い続けている。

クリスタの値段 買い切りと月額(年額)

具体的な値段を見ていこう。PC版のみ「買い切り」で購入が可能。

「買い切り」は、PC2台分のライセンスが使えるので、家でデスクトップPC+外出時にノートPCという構成で使うなら、もっともコスパのいい構成と言えるだろう。(※上記はダウンロード版価格。)

いっぽう、月または年単位で定額を支払う「サブスク」は、好きなタイミングでやめられる点がメリット。

同時使用台数によって「1デバイス」「2デバイス」「プレミアム(4デバイス)」というプランが用意されている。

「せっかく買っても使いこなせないかもな…」という場合は、いったん月額で利用するのもいいかも知れない。だが、無料お試しが一ヶ月ついてるので、その期間で見極めるのがいいだろう。

iPad版は月額または年額払いのみ

なお、iPad版はPC版のような「買い切り」がなく、サブスク(月額使用料を払って使う方式)のみとなっている。

サブスクの場合は、年払いでまとめて払うと、31%~51%の割引になる。

すぐやめられるのが月額のメリット、値段を安くできるのが年額のメリットと言えるだろう。

クリスタのDEBUTから、PROへの値段(優待価格)

これは、間違えてDEBUTを買っちゃった人への救済措置と言えるかも。

DEBUTは、「クリスタのいい感じの機能がほとんど封印された機能限定版」である。PIXIVのプレミアム会員費用550円/月を払えば使えるのだが、「これじゃ、クリスタを使う意味がない」と感じる人も少なくないだろう。

そんな場合は、DEBUTユーザの優待価格として、PC版PROの購入が4,500円になるのでチェックしておこう。

優待価格購入するには、CLIP STUDIOにアカウントを作っておいて、「マイページ」に、DEBUTのシリアルナンバーを登録してから、購入するだけ。

CLIP STUDIO PAINT PRO (通常版)

PROの購入ページを開いたら、左上のアカウント名が表示されている部分をクリックし、「マイページ」を選択する。(ログインしている場合)

マイページが開くので「コードを登録」をクリックし、クリスタDEBUTのシリアル番号を入力し、「コードの登録」をクリック。

なお、クリスタDEBUTのシリアル番号管理ページはこちら。(PIXIVに要ログイン)

[pixiv] CLIP STUDIO PAINT DEBUT シリアル管理

画面が切りかわり、PROが4,500円になった。

なお、DEBUT→EXの場合は、特に割引はないようだ。

多少面倒だが、優待価格でPROを4,500円で購入、PRO→EXアップグレードを購入という手順を踏めば、間接的にDEBUT→EXの場合にも500円の優待を受けることができる。

クリスタの買い切り・サブスク判断のまとめ

2023年から、買い切り(無期限版)が絶対お得とは言えなくなった。

無期限版(アップデートプランなし)だと、アップデートで神機能!みたいなのが追加されても使えないからだ。

ただ、バージョン3.0に搭載予定の機能などを見るに、こんだけ機能が充実しているクリスタに、今後、神がかった機能アップデートなんかないだろうとも思う。

なお、無期限版でも致命的なバグフィックスはされるし、どうしてもという場合はアップデートプランを追加購入すればいいので詰むことはない。けど、悩むよなぁ。

手堅く行くなら、サブスクでまず1ヶ月使ってから決める、とかがいいのかも。

CLIP STUDIO PAINT PRO (通常版)

CLIP STUDIO PAINT EX (最上位版)

クリスタ

クリスタでコマ枠を描く方法 はみ出しや予約の設定

クリスタを使用してコマ割りを行う方法について解説。コマ枠フォルダを作成し、コマ割りカットを使用してコマ分割ができる。また、コマ枠フォルダの下に適当な画像を配置すると、はみ出し部分が非表示になり、画像がキレイに収まるようになるのだ。コマ枠フォルダの下に置かれたレイヤーは自動的にはみ出し処理されるため、はみ出しを気にせずに描くことができる。
クリスタ

クリスタで背景のぼかし方 イラストの一部をぼかすのできない?

クリスタで背景のぼかし ▲微妙に人物から離れた部分だけぼかした例(人と背景は別レイヤー) CLIP STUDIO PAINTでは、背景の弱調化、漫画風ぼかしや、グロー効果などのぼかし(モザイク)加工が可能。 モバイクは、「...
クリスタ

クリスタのペン入れ 初心者がイラストの線画を楽に描く方法

クリスタのペン入れ 迷いまくった「ためらい線」から、メインとなる線を見極めて、シャッ!と線を引く…ということがペン入れだと思う。 ▲私が描いたとてつもない線画 なにか、うまく描くためのコツはあるんだろうか。 クリスタのペ...
クリスタ

クリスタの流線の使い方 漫画むけのツールの効果

クリスタの流線の使い方 クリスタの流線の使い方 漫画を描くときに、キャラの動きなどを表す手法が「流線」。クリスタの流線を描く機能について覚え書きしてみたい。 関連 クリスタで漫画を描く 1.流線を引きたい部分を自...
クリスタ

クリスタのコンパニオンモードの解説 スマホ対応機種とやり方

クリスタのコンパニオンモードの解説 スマホを左手デバイスとして使ってクリスタが使えるという画期的な機能…のはず。 相性問題とか気にせずに、自分のスマホを使えるというのは、左手デバイスデビューとしてちょうどいいかも。 関連 左手...
クリスタ

【クリスタのレイヤー反転】左右、選択範囲やコピー、色

クリスタのレイヤー反転 クリスタのレイヤー反転 レイヤーまるごと反転させたい!というときはこの方法 反転したいレイヤーを選択してから、以下の手順をおこなう。 拡大・縮小・回転アイコンをクリック ツールプロパティ...
クリスタ

【クリスタのマスク】コピーや編集 はみ出し防止、選択範囲

クリスタのレイヤーマスク/機能 線画の場合は、バケツツールで別レイヤーに「塗り」をしてから、レイヤーマスクを作っていく。 クリスタのレイヤーマスク クリスタのレイヤーマスク機能は、選択範囲(または選択範囲外)の...
クリスタ

【クリスタのゆがみツール】 どこ?ない?使い方は?

クリスタのゆがみツールの使い方 クリスタのゆがみツールの使い方 「ゆがみツール」と名前がついてるけど、絵を歪ませるのに使うことはほとんどない。「つかんで移動ツール」とでも名付けたいくらいだ。 クリスタのゆがみツールは、...
クリスタ

クリスタのトーンの貼り方 トーンレイヤーの基本と手順を解説

クリスタのトーンの貼り方 クリスタのトーンの使い方 クリスタのトーンは、トーンレイヤーを作成して、他のレイヤーの線画などに合わせてトーンを削る感じで使う。 レイヤーパレットにて、適当な場所で右クリして、メニューを表示させる。 ...
クリスタ

クリスタの色塗り(初心者) イラスト、アニメ塗りのメイキング

クリスタの色塗り 解説動画で色塗りのメイキングの中で一番わかりやすい、さいとうなおき先生の解説動画をチェックした。 色塗りの順番 解説によると、色塗りの手順はこんな感じ。 ベタ塗り 1影 1.5影 ...
クリスタ

クリスタの厚塗りと線画の馴染ませ方 レイヤー分けと質感合成

クリスタで厚塗りを線画になじませるコツは、レイヤーをつかって、影や光、ぼかしなどを重ねていくこと。ベース塗り、影、ハイライト(光)だけでもだいぶなじむ。どういうことかというと…
クリスタ

液タブの左手デバイス(クリスタ)のおすすめ コントローラー

クリスタの操作を効率化するための、左手デバイスについてまとめてみたい。 左手デバイス(クリスタ) 左手デバイスは、効率的にペンタブレットなどで絵をかけるようにするためのツール。右手にペン、左手にペン以外の操作をおこないデバイスを持って二...
クリスタ

クリスタのブラシ形状の登録 ペンの設定、先端形状の追加

クリスタのブラシ形状の追加 クリスタのオリジナルブラシは、画像をクリスタに「素材登録」して、ブラシ先端形状に登録した素材を指定すればOK。あとは、ブラシの設定を調整すれば、それっぽい感じのブラシができあがる。 ブラシの素材登録 まずは...
クリスタ

クリスタのバージョン確認・アップデート方法 最新版への更新

クリスタのアップデートについて覚書しておきたい。 クリスタのアップデートの方法 クリスタのアップデート方法 クリスタのアップデートの方法は、まず「CLIP STUDIO」を起動。ちなみに、CLIP STUDIOというのは各機能を起...
クリスタ

クリスタの画像トリミング 写真の読み込み、切り抜きとパターン

クリスタの画像読み込みの方法 クリスタに画像を読み込むには、ファイル→読み込み→画像で、ファイルを指定する。 なお、ファイルはSHIFTを押しながら選択することで、複数指定が可能だ。とりあえずまとめて読み込みたいな―って...
クリスタ

漫画:みなさんさようなら、僕は異世界にいます

16P。 つづく クリスタではじめて描いた漫画。 関連 クリスタで漫画を描く
クリスタ

クリスタの吹き出し 消す、透過、種類、叫びギザギザ、コマ上

クリスタの吹き出し機能 クリスタの吹き出し機能は、漫画を描くのに必須の機能。基本機能だけでも「楕円」「角丸」の吹き出しと、「フキダシシッポ」が描ける。自由に吹き出しの形状を描ける「曲線吹き出し」なども用意されている。 関連 クリスタ...
クリスタ

クリスタのツール配置 ワークスペースのアイコンの変え方、保存

クリスタのワークスペース配置について覚書してみたい。 クリスタのパレットをタブレット用に変更 小さめの液晶タブレットを使っている私は、クリスタのメニューやアイコンが小さすぎて使いにくい…と思った。 だが、そもそもクリスタは多彩なカ...
クリスタ

クリスタのグラデーションマップの使い方 輪郭抽出と線画色変更

クリスタのグラデーションマップ クリスタのグラデーションマップについて覚書してみたい。 解説動画をいくつか見てみたが、グラデーションマップの解説で再生数が多いのがこの動画。 13分くらいの動画で、グラデーション...
クリスタ

クリスタのフォントのおすすめ 漫画用アンチックがフリー

クリスタのフォント使いについて覚書しておきたい クリスタのフォント追加(マンガ対応の書体) CLIPSTUDIOには、マンガのセリフに最適なアンチック書体が付属している。アンチックというのは、感じはゴシック、ひらがな、カタカナは...
クリスタ

クリスタのショートカットキー一覧 キーボードの割り当て

クリスタのショートカットキー割り当て クリスタは初期設定ではとても使いにくい。ショートカットを自分の使いやすいようにカスタイマイズすることが、手足のようにクリスタを使いこなすために必要なのだ。たぶん。 クリスタのショートカットの...
クリスタ

クリスタのタイムラプス機能 メイキング動画の録画とデータ容量

クリスタのタイムラプスは、絵のメイキング動画作成に使える機能。自分の絵の描き方の振り返りができる。なお、タイムラプスを有効にする設定は…
クリスタ

クリスタのパース定規講座 遠近図法と簡単に使う方法

クリスタの立体作画サポート機能、パース定規。一点透視、二点透視、三点透視に対応。定規に沿った線がサッと引ける。具体的なパース定規の使い方や、定規の有効・無効化の切り替え、グリッド線の出し方を解説。
クリスタ

クリスタで漫画を描く マンガむけ機能と描き方講座

CLIP STUDIOで漫画を描く手順を覚え書きしてみたい。 クリスタで漫画を描く ▲2023年1月に描いた漫画 私はイチから絵を描くのはハードル高かったので、DAZ STUDIOのレンダリング画像を元に、そこそこ見栄えのする...
クリスタ

クリスタのアニメの使い方 時間(秒数)変更 フレームレート

クリスタのアニメーション機能の違い PRO、EXどっちがいい? クリップスタジオでは、グレードによってアニメーション設定の制限がある。 CLIPSTUDIO PAINT PROでは、1秒に24コマ以上のアニメーションを制作す...
クリスタ

クリスタアセット 素材はどこ? ダウンロードと登録方法

クリップスタジオの素材ダウンロードについてまとめておきたい。 クリスタアセット/素材のダウンロード クリスタの素材(アセット)は、クリスタで利用できる素材が集まったサービスで、無料または有料でダウンロード可能。クリスタ公...
タイトルとURLをコピーしました