DAZのpostgresql cms error エラー症状・対策集

DAZ Studioで出力されるエラーは独特というか、不親切というかとにかくわかりにくい。

というわけで、こういうエラーや症状の場合はこうやったら治ったよ、というハウツーをまとめておきたいと思う。

なお、基本操作はこちらをチェック。

> DAZ Studioの使い方

DAZ Studio/エラーじゃないけど動きがおかしい

エラーじゃないけど、何か変というやっかいな状況が多々起こる。一度対処しても、すぐ忘れるのでこうやってメモしておくしかないのだ。

フィギュア呼び出し時に、Duplicate formulas founds in files…

実害はないっぽいけど、いちいちOKボタンをクリックしてエラーメッセージを閉じないといけないので面倒くさい。

例えば、Genesis 8 女性フィギュアを呼び出したときに上記エラーが出る場合、すでにインストール済みのフィギュアのどれかが原因。フィギュアを最新版に更新することで治るっぽい。

※モーフを自作&フィギュア内に保存したときに発生することもあるらしい。

エラー原因を探すには、DAZ STUDIOのログファイルを開いて調べる。

DAZ STUDIOの画面上部のメニューから、Help→Troubleshooting→View Log Filesを選択すると、メモ帳でログファイルが開く。

「Duplicate Formula」という文字列を検索すると、以下のメッセージが見つかった。Ergou氏作のフィギュア、Midoriでエラーが出ているっぽい。

アップデートがリリースされている場合は、Smart Contentでアイコン上右クリ→Install Updateでフィギュアを更新する。

あらためて、G8女性フィギュアを呼び出して、エラーが消えていることを確認する。

どうしても消えなかったら、原因になっているフィギュアをアンインストールして、DAZに「直して!」ってメッセージを送るのがいいのかも。

フィギュアのアイコン表示がおかしい

フィギュアは日々アップデートされている。アップデートされたデータをインストールしておかないと、表示がおかしくなることがあるのだ。

Smart Contentsのアイコン右上に妙なマークがついていたら、更新が必要という合図。何も考えずに更新しよう。

DAZ Studioでフィギュアの表示がおかしい!?
かなり頻繁にバージョンがあがるDAZ Studio。 久々に起動したら、かなりバージョンがあがってて、新しく買ったフィギュアがうまく表示されないなんてことがある。 1時間ばかり苦労したので、覚書しておきたい。 SAKURA 8の表示がおかし...

プラグインをインストールしたのにメニューに出てこない

プラグインの中には、シリアル番号の入力が必要なものがある。だけど、「シリアル番号が入っていないので、入れてね」といったメッセージが特に出ない。スパルタな対応といえるだろう。

下記記事の「インストール」の項目に、シリアル番号を入力する箇所があるのでご参考に。

HeadShop OneClick2 人物写真をフィギュア化するツール
DAZにて、人物画像をDAZフィギュア化できるDAZ Studio用ツールをゲット。 f HeadShop OneClick2 具体的には、人物の写真からG2、G3、G8フィギュアの頭部のシェイプとテクスチャを出力するというものだ。 ※画像...

DAZ Studioにインストールしたフィギュアが見つからない

正確には、「インストールは終わったっぽいけど、どこに入ってるかわからない」だ。

手っ取り早い探し方は、Smart Contentsで、「Sort by Order Date:Recent First」を選び、All Productsをクリックすること。

購入日順にアイテムが表示される。

「Sort by…」のすぐ上の「Enter text to filter by…」と出ている検索窓にアイテム名の一部を打ち込めば、フツーに表示される。

Smart Contentに何も表示されない、!マークアイコンが表示される

Smart Contentに何も表示されない場合は、設定を間違えてる可能性あり。

経験上、よくあるのはコンテンツを格納するファイルに日本語が入ってて、外国産のDAZ Studioがうまく処理できてない、というケース。

まずは、設定内容をチェックしてみよう。

画面上部のメニューから、Edit→Preferencesを選択

Preferences画面が表示されるので、Contentタブをクリックし、Content Directory Managerボタンをクリック

Content Directory Manageが表示されるので、「CMS Cluster Directory」か、「DAZ Connect Data」のファイルパスに日本語が入ってしまってないかチェック。

日本語パスになってたら、ファイルパスをクリックして選択状態にしてから、画面左の「Directory:Edit」をクリックして別の(ファイルパスに日本語が入っていない)フォルダを指定しよう。

変更時に、「今のコンテンツデータベースがぶっ壊れるぞ」みたいなメッセージが出てビビらされるが、他にどうしようもない場合は、Yesで押し通るしかないだろう。

変更したら、DAZ Install Managerのインストール先フォルダも変更しておこう。

DAZ Install Managerの右上の歯車アイコンをクリック

Setting画面になるので、Installationタブをクリックし、画面左下の「+」をクリック。ラベル(管理名)とファイルパスを入力し、Content Path Shorcutsを入力した管理名に変更。最後にAcceptをクリック。

これで、Smart Contentにアイコンが出現するはず…。

DAZ STUDOでエラーメッセージが表示される

dForceを使おうとしたらエラー「Could not find a avalid OpenCL device」

パソコンが古いと、布シミュレーション機能dForceを使うときにエラーが出る。対処方法は、パソコンを買い替えて新しくする(か、ビデオカードを新しいものに変える)しかない。

Bang Bob Hair with dForce for Genesis 8 Female(s) でOPENCLエラー
よくできたぱっつんボブ、Bang Bob Hair with dForce for Genesis 8 Female(s) をゲット。しかし、dForceシミュでOPENCLエラー「Could not find a avalid OpenCL device」が出て使えなかったのだ。理由は「オマエのグラボは対応してない」という無情なもの。この悲しみを覚え書きとして記録しておきたい。

Face Trancfer機能で「Face Transfer failed to generate.」エラー

「フェイストランスファーは生成に失敗しました」というノーヒントなエラーメッセージ。

原因は、ファイルパス(フォルダ名+ファイル名)に日本語が含まれているせい。

出力先を、c:\wk\ とかに変更すると、なんだったの?というくらいあっさり解決する。

FaceTransfer 顔写真から3Dモデル生成するツール
顔写真からDAZフィギュア化できるおもしろ機能。写真によっては別人になることもあるけど、けっこう精度は高いと思う。公開するときには、著作権とか肖像権とかに注意して慎重に遊ぼう。

DAZ STUDIOにログインできない

いつもは自動的にログインしているはずなのに、ログインできないケース。

接続先のDAZのサイトが重い、遅いケースがほとんど。時間をおいてアクセスすれば治る。

DAZが割引率の設定をミスって、激安祭りが起こっているときにも起こるので、セール情報をチェックしてみるのもいいかも。

DAZ StudioでResource Error:A valid PostgreSQL CMS…と出てくる

Resource Errorというウインドウで、以下のエラーが出てくる。

A valid PostgreSQL CMS connection could not be established. Several DAZ Studio features that require a valid PostgreSQL CMS connection, such as context aware content views and loading content installed using the Daz Connect Serivce, will not be available. Check your network, anti-virus, and firewall settings for conflicts.

日本語にするとこう。

有効なPostgreSQLのCMS接続を確立できませんでした。コンテキストアウェアコンテンツビューやDazConnect Serivceを使用してインストールされたコンテンツの読み込みなど、有効なPostgreSQLCMS接続を必要とするいくつかのDAZStudio機能は使用できなくなります。ネットワーク、ウイルス対策、ファイアウォールの設定で競合がないか確認してください。

内部で使われているPostgreSQLがなんかおかしいよ?というエラー。Windowsのファイアウォール設定で、DAZ STUDIOとDAZ公式サイトの通信ができてないときも発生する。

対策は、Windowsのファイアウォール設定で、DAZStudio.exeとpostgres.exeの通信を許可する。なおらなければ、DAZ Install Managerで PostgreSQL CMSをインストールする。

関連 DAZ Install Manager の使い方

ネットで調べても出てこない謎の不具合が出た!

ほとんどのDAZ STUDIOの不具合はネット上に情報が出ている。(公式フォーラムで英語で情報が出ているときもある)

けど、こんな状況って自分だけじゃない?っていうときは、独自の設定ミスとか環境が原因ということもあるのだ。

そういうときの1つの方法として、「DAZ STUDIOβ版」をインストールしてみるという方法がある。

関連)DAZ studioのbeta(ベータ版)は、バグったときの検証環境に使える

ベータ版は、正式版と同居できるので不具合が正式版でだけ起こるのか、ベータ版でも起こるのかなど試すことで、問題の発生箇所を切り分けて考えることができるというわけだ。

まあ、面倒くさいっちゃ面倒くさいけど、つきつめて問題を解決したいという人は試してみるといいかも。