左手デバイス クリスタ対応のおすすめ イラスト向 けの比較

クリスタの操作を効率化するための、左手デバイスについてまとめてみたい。

左手デバイス(クリスタ)

左手デバイスには、ミニキーボード型、ゲームコントローラ型、ジョイスティック型などがある。

クリスタのイラスト用左手デバイス

クリスタをある程度使ってみて、液晶タブレットと組み合わせて使うなら、以下の機能が必要だと感じた。

  • サブツールを頻繁に切り替える→ボタン一発で切り替え
  • 拡大縮小や、ブラシサイズの大小を頻繁に変える→ダイヤルやジョイスティック
  • SHIFT、Ctrlなどの修飾キーを多用→Shiftなどを割り当てられること
  • キーが10個程度は必要→ある程度キーやボタンが多いこと

上記に加えて、左手デバイスは「長時間使っても、疲れにくい」という点が重要だと感じた。

キーボードを左手デバイスにすると、結構疲れる

通常キーボードを左手用に使うと、追加費用をかけずに使えるものの、左手をキーボードの上で緊張状態で待機させることになり、微妙に疲れるのだ。

私の場合、キーボードでゲームを長時間遊んだときの指と同じような疲労を感じた。

クリスタのコントローラー TABMATE

現時点でベストと思われるのが、クリスタのコントローラータイプの左手デバイス、TABMATEだ。

CLIP STUDIO TABMATE(クリップスタジオタブメイト)

コントローラ前面に10ボタン+ホイール(ホイールクリックも可能)、コントローラ上部に+、ーの2ボタン、背面にトリガーボタンとボタン数も十分。

それでいて、各ボタンを見ずに押せる作りになっている。

ホイールもついていて、ブラシ大小や画面の拡大縮小にも便利だ。

値段もCLIP STUDIO PAINT EX/PROユーザ優待価格で4,900円(税込・送料無料)とお手頃。

ワイヤレスなので、左手は好きな位置に置いておける。長時間使用でも楽なのだ。

何より、クリスタ公式のデバイスなので、クリスタに完全対応している安心感がある。他社製だと、「この部分だけはクリスタに対応していないんですよねぇー」というのがちらほらあるからだ。

デメリットは、iPadに対応していないことと、クリスタ以外のペイントソフトで使えない点。

基本、「手に持って使う」スタイルなので、置いて使いたい派には合わないかも知れない。

液タブ(ペンタブ)用左手デバイス

XP-Pen キーボード カスタマイズ 液タブ用 ワイヤレス ホイール 便利なホットキー 左手デバイス AC19 Shortcut Remote 

次点で人気が、このXP-Pen。

液晶タブレットの上や机の上に置いて使うタイプ。9つの割り当て可能キーと、増減操作がし易いダイアルがついている。

欠点は、ボタン数が微妙に足りない点。

だからと言って、キー数が多くなると、「見ないと押し間違える」という新たなデメリットが出てきてしまう。ボタン数が多けりゃいいってものでもないんだな。

値段は3,999円と安くてとても良いのだが、長く使っていると微妙に不満が出てくるかも知れない。

左手キーボードのおすすめ

左手用キーボードで人気なのがコレ。

Razer Tartarus V2 メカメンブレン 左手用キーパッド

ゲーム用に作られたもので、腕の負担を和らげる人間工学に基づいたパームレスト、32個ものボタンがありながら、見ずに押せるようになっている点、ダイヤルやジョイスティックつきなど、カタログスペックを見るととても魅力的。

しかし、購入した人の評価として「キーが押しっぱなし状態になる致命的なドライバーのバグ」が、発売後何年も経った現在も放置されており、特に親指十字キー部分が「壊れやすい」という声が多数。

「2年使用したが壊れなかった」という人もいるので、品質にバラつきがあるのかも知れない。

また、クリスタを使う場合に、要注意なのがこちらのデバイス。

Koolertron 片手キーボード ゲーミングキーボード メカニカルキーボード 最新機能 回転ノブ付け プログラム可能 青いバックライト カスタマイズ可能 45キー 片手ゲーミングキーボード ブラック 青軸

キーボードの左側半分にダイアルがついたタイプで良さげなんだけど、クリスタ使用に関して致命的な口コミがあった。

クリスタの「修飾キーを押している間だけツールを一時切り替えする」という基本的な動きができないというのだ。なので、クリスタ利用を考えている人は、このデバイスを買ってはいけない。

iPadで動作するなど、魅力的な点も多いんだけど。ほかの悪い評価としては、「Macで使おうとすると、とても苦労する」「はずれ品質のものが届くことがある」という点。

クリスタのショートカットのおすすめ

クリスタのショートカットは、オートアクションなら「すぐ発動」、サブツールなら「ツールを切り替え」という動きになる。以下のような感じ。

  • サブツールに割り当てると、指定のサブツールに切り替え
  • 同じキーに複数サブツールが割り当てられていたら、押すたびにサブツールを順番に切り替え
  • オートアクションに割り当てると、以前の割当を全削除して、最新のオートアクションのみ割当

関連 クリスタのショートカット一覧

オートアクションはバッチファイルのようなもので、複数の動作を単機能として登録しておける機能だ。

私は以下のような感じで、ショートカットを割り当てている。

  • キー1:現在のカラーを白にする(オートアクション)
  • キー2:現在のカラーを黒にする(オートアクション)
  • 特定名称のレイヤーを選択(オートアクション)
  • 連続曲線サブツールを選択
  • 制御点サブツールを選択
  • レイヤーを表示
  • 線幅を変更
  • 消しゴム
  • ベクター消しゴム
  • テキストツールと吹き出しツールを切り替え

カラーを白とか黒にするのは、間違えてスポイト機能が発動してメインカラーやサブカラーを変更してしまうことが多いためだ。

特定名称のレイヤー選択は、例えば「線画」という名前のレイヤーを選択状態にする。レイヤー数が多くなるほど、ありがたい機能になる。

あとは良く使う機能を割り当てている感じ。特によく使う機能は、1ショートカットに1機能に限定して、「それなりに使う」機能は、複数割当にしている感じ。

現在、私は通常キーボードを左手デバイス化しているので、キーボードの右側にショートカットの割当を集めている感じ。

「マンガを描く」という作業に使っているので、カラーイラストなどを使う人は、またちょっと違ってくるのかも知れない。

関連 クリスタで漫画を描く

ただ、キーボード上に左手を待機させておくのが地味に疲れるので、やっぱTABMATEに置き換えて、左手は膝の上にでも置いておきたいな、と思っている。

TABMATEを購入したら、使用感などを追記していきたい。

関連)クリスタの値段

タイトルとURLをコピーしました