DAZ STUDIO 4.12の使い方 ダウンロードからチュートリアルまで

DAZ Studioとは、Daz3Dが無料公開する3DCGソフトウェア。

Daz3Dが販売しているフィギュアをシーンに配置し、Irayベースのフォトリアルな描画で、静止画や動画を出力する。

当初、全機能を備えたDAZ Studio Proは有料だったが、2015年ごろに無料化された。2019年最新バージョン4.12では、人物画像1枚から、激似フィギュアを生成する機能が備わった。64ビット版と32ビット版がある。

DAZ STUDIO最新版は、会員登録すれば、無料でダウンロードして使える。

DAZ3Dの使い方 無料登録 Install Managerの使い方も解説
DAZへの登録を覚書しておきたい。 DAZへのユーザ登録 DAZ公式ページを開く。 >>>DAZ公式サイト トップページ<<< ページ右上の人型のアイコンをクリック 小さいウインドウがミョロッと出てくるので...

DAZ STUDIO最新版 4.12 画像からフィギュア作成機能

4.12で搭載された、画像からフィギュアを作成するFace Transfer機能。

あまりにもお手軽にて、リアルなそっくりさんフィギュアを作って遊ぶことができる。

肖像権とかに配慮して遊ぼう。たぶん、顔を女性芸能人にすげ替えてエロい画像作って公開すると、法律を伴った形で怒られると思う。

DAZ Face Transfer 顔写真から3Dフィギュアを生成する機能
DAZ STUDIOに、Face Transferというおもしろ機能が搭載された。(V4.12~) 画像を一枚指定すると、Genesis 8フィギュアをでっち上げてくれるのだ。 ▲孤独にグルメを楽しむ人と、釣りバカな人 ...

DAZ STUDIO 4.11 物理髪機能搭載

2019年6月、DAZ STUDIO4.11正式版リリース。

目玉は、dForce物理髪作成機能。

DAZ STUDIO 4.11 レビュー Strand Hair機能(dForce髪)搭載
いつのまにか、DAZ STUDIOが4.11にアップデートされていた。 Daz Studioダウンロードページ Strand Hair機能ファーストインプレッション 4.10が2017年12月だったので、1年半ぶりぐらいの...

DAZ STUDIOのダウンロード方法

DAZ Studio最新版ダウンロード

無料会員登録して、ダウンロード&インストールで使える。購入する必要はなし。

親和性の高い3DモデリングソフトHEXAGONも無料でダウンロードできる。

DAZ STUDIO / HEXAGON ダウンロードページ

ダウンロードページには、選択肢がいっぱいあって、どれをダウンロードすれば良いのか迷うほど。

例えばWindowsに一番簡単にインストールするなら、

  • Default Resoucesfor DAZ Studio 4.9+ …付属フィギュアなど
  • DAZ Studio 4.12 (Win 32-bit) または (Win 64-bit) …ソフト本体

の2つを手動インストールしよう。

自分のパソコンが32ビットか64ビットかわからないというあなたは、以下を参考に。

  1. Windows7パソコンが32ビットか64ビットか調べる方法(121ware.com)
  2. 自分のパソコン(Windows10)が 32 ビット版か 64 ビット版かを確認したい

DAZ STUDIOのインストール方法

インストーラを起動すると、手動インストールは、基本「Next」連打で完了する。

ライセンス規約(License Agreement)を承諾する画面。I accept agreemnt(承諾する)にチェックをつけて、Nextをクリック。

コンテンツ規約(Content Agreement)を承諾する画面。I accept the Agreementにチェックを入れて、Nextをクリック。

DAZのコンテンツマネージメントサービスの説明。DAZ STUDIOインストールすると、同時にコンテンツマネジメントサービスもインストールされるからな、わかったな、ということを伝える画面だ。問答無用でインストールされる。

続いて、インストールディレクトリを指定する画面。上はDAZ STUDIO本体、下はコンテンツのインストール先だ。パソコンに複数のドライブが存在する場合、コンテンツのインストール先は容量が大きいドライブを指定するといいだろう。

以下の画面でNextをクリックするとインストール開始だ。

DAZ Studioのアンインストール方法

いちおう、アンインストール方法も。アンインストールは、DAZ Install Managerからおこなう。

Installedタブをクリックして、検索窓に「studio」と入れると表示されるはずだ。

DAZ Studio 4.12 (Win 64-bit)というのを探して、Uninstallと書かれている箇所をクリックすればOK。なお、バージョンやWin 64-bitのあたりは使用環境によって変わってくる。

いったん、古いデータを削除してクリーンインストールしたい場合も、ここからアンインストールすればOKだ。

なお、インストールしたフィギュアなどのデータはDAZ STUDIO本体とは別の場所にインストールされているので完全削除するには手動での削除が必要。

デフォルトだと、c:\Users\Public\Documents\My DAZ 3D Libraryにインストールされるようになっているので、このフォルダを手動削除する。


▲DAZ INSTALL Manager は、デフォルトで上記フォルダにインストールする設定

DAZ STUDIOの無料アイテムをもらう方法

DAZ STUDIOで使える無料アイテムが、あちこちに溢れかえっている。中には完全に有料級クォリティのアイテムもあるので、配布終了前にもらっておこう。

いい感じの版権物とかがある。

DAZの無料配布フィギュアのおすすめはコレだ
高品質、無料のDAZ STUDIO用フィギュア(人体モデル)の探し方。DAZ公式のフリービーコーナーや、RenderosityのFreestuffコーナー、ShareCGなどはブックマーク必須。

DAZ STUDIOの日本語化

多くの人が望んでやまない、DAZ STUDIOの日本語化。

最新版DAZ STUDIO4.12の日本語化の方法を発見。

完璧ではないけど、主要メニューがまあまあ日本語化できる。

古いバージョンで調べたときは、出来ない気がしたんだけどな…。ともかく、4.12だと半分くらいはメニューの日本語化が出来る感じ。

参考)DAZ STUDIOを日本語化する方法

DAZ STUDIOの使い方

シーンにフィギュアを呼び出す

Smart Contentタブを開き、左に並んだカテゴリから「Figures」をクリック。呼び出したいフィギュアのアイコンをダブルクリックする。


▲ここではフィギュア「Kanade 8」を呼び出している。

※Smart Contentタブが見当たらない場合は、画面上部のメニューから、Window→Panes(Tabs)→Smart Contentを選ぶと出てくる。

対象フィギュアの詳細が開くので、左のカテゴリから「Figures」をクリック。Actorと書かれたアイコンをダブルクリックで、シーンにフィギュアが呼び出される。

なお、Smart Contentにアイコンが一つも出てこなかったり、アイコンの表示が全部「額縁にビックリマーク」だったりした場合は、設定を間違えているかファイルのパスに日本語が入ってて、DAZ STUDIOがうまく処理できてない可能性が高い。


▲額縁にビックリマーク

対処方法は、このページの下の方の「DAZ STUDIOのエラー、困ったことの対処方法」をチェック。

フィギュアに髪をかぶせる

DAZ STUDIOのフィギュアの髪は、カツラ方式でカポッとかぶせる感じ。

フィギュア本体をクリックするか、Sceneタブでフィギュア名をクリックして、選択状態にする。

Smart Contentタブの左のカテゴリから「Hair」を選択して髪を表示させる。

このとき、画面の下の方に「Filter By Context」というチェックボックスに注意。ここにチェックが入っていると、専用の髪や服しか表示されなくなるのだ。

余計なお世話なので、チェックは外そう。なぜなら、Genesis 8フィギュアでも、GenesisやGenesis2、Genesis3用の髪・服を着られるというAuto Fit機能があるからだ。

Genesis 8 のオートフィット 過去フィギュアの服の着回しは現実的か?
先日、Sakura8を購入して、Genesis8の服がなーい! とか思ってた。 でも実はGenesis8には、Genesis,Genesis2,Genesis3の服や髪が着せられるのだ。 Sakura8にGenesis用服を着...

使いたい髪(アイコンにHairと書いてある)を選んで、ダブルクリックする。フィギュアと世代が異なる(Genesis8フィギュアにGenesis 2の髪など)場合は、Auto-Fitウインドウが表示される。

Auto-Fitと言いながら、対象の髪が何のフィギュア用かを手動で指定する必要があるのだ。

「What figure was the item originally desined for?」(このアイテムは、何のフィギュア用にデザインされたものですか?)をプルダウンメニューから選択し、Acceptをクリック。※今回は、Genesis 2 Female用なのでGenesis 2 Femaleを選択

何のフィギュア用かわからない場合は、DAZの公式サイトで商品ページを開くか、Smart Contentタブでアイコン上で右クリック→More Informationを選択

よく見ると、「Genesis」「Genesis 2 Female」「Genesis 3 male」などの言葉が出てくるので、それらを頼りにAuto-Fitを完了させよう。

完了、ありゃ。顔がはみ出してAuto-Fitが不完全。

髪をクリックして選択状態にし、Posingタブ(表示されてない場合は、Window→Panes(Tabs)→Posingを選んで表示させる)でZ Scaleを少々大きくすれば、だいたいフィットした。

なお、PosingタブはParametersタブと似てるけど、Scale(拡大縮小)の値が隠し属性にされてても操作出来る点がポイントだ。

服を着せる

手順は髪と同じ。

フィギュア本体をクリックするか、Sceneタブでフィギュア名をクリックして、選択状態にする。

Smart Contentにてから、着せたい服をダブルクリック。
服は「Wardrobe」というカテゴリに入っている。

たとえば、Genesis3用のワイシャツを着せてみる。

旧フィギュア用の服をGenesis8に着せようとすると、AutoFitウインドウが表示される。何フィギュア用の服かを指定して、Acceptをクリック。
今回は、Genesis3女性用の服なので、「What figure was the item originally designed for?」(オリジナルは何のフィギュア用にデザインされていますか?)に、Genesis3 Femaleを指定して、Acceptをクリック。
その下のWhat type of item is it?は、そのままにしておいても大きな問題はないと思う。

なお、Autofitをキャンセルしたり、服を呼び出す前にフィギュアを選択していないと、デフォルトの形状のままシーンに服が呼び出される。

服を選択して右クリック→Fit toで着せても良いが、よくわからない場合は服を選択→キーボードのDelキーで削除して、最初から手順をやり直そう。

小物(リボンなど)をつける

手順は髪と同じ。Auto-Fitは効かない。

保存する

マシンのスペックによっては、レンダリング実行後に操作不能になり、DAZ STUDIOが異常終了することがある。苦労してフィギュア等を配置したら、いったんシーンを保存しておこう。

保存方法はこちら。

DAZ STUDIOの保存と呼び出し Smart Contentから呼び出せる
今更ながら、保存したデータをSmart Contentから呼び出せることを知ったので覚書。 データの保存方法 Save as とりあえずScene(シーン)として保存すれば、まるごと保存できる。 画面上部のメニューから、Save As...

レンダリング(描画)する

細かいことはいいから、描画して画像ファイルを出力したいという場合は…

画面上部のカメラのアイコンをクリックするか、キーボードのCtrl+Rを押すか、上部メニューのRender→Renderを選ぶか、Render Settingsタブの上にある青いRenderボタンをクリックする。

まあ、カメラアイコンが一番わかりやすいかなぁ。

レンダリング設定は、やや面倒くさいので、こちらを参考に。

DAZ STUDIO 4.12のレンダリング設定覚書
DAZ STUDIOのレンダリング設定を覚書してみたい。 バージョンは、4.12正式版(ベータじゃないやつ)を前提にしている。 General(全般)設定 Dimension Preset(Global) レンダリン...

とりあえずこれで、フィギュアを呼び出して服を着せて、描画するまでができた!

ポーズをつける方法 PowerPoseとActivePoseの組み合わせ

DAZ STUDIOには、フィギュアのポーズをつけるための方法がいくつかある。とりあえず、PowerPoseとActivePoseを組み合わせる方法を覚えておくと良いだろう。

色んな方法を試しまくった結果、この方法が一番簡単でわかりやすいと思った。

DAZ STUDIOのポーズの使い方 PowerPoseとActivePose連携
DAZ STUDIOのポーズツール、Active PoseとPowerPoseを組み合わせるとポージングがしやすいので覚書しておきたい。 PowerPose パーツ選択簡単・ピンでパーツ固定 PowerPoseは、人体画像のパー...

ポーズの左右反転はSymmetry

ポーズを左右反転するには、Symmetryウインドウを使う。

対象のフィギュアをクリックして選択状態にし、画面上部のEditメニュー→Figure→Symmetryを選ぶか、SHIFT+Yキー(ショートカット)を押す。

NodesをRootに、PropagationをRecursiveに、DirectionをSwap Left and Rightに指定してAcceptをクリック。

これで、ポーズの左右が入れ替わる。なお、左右対称にするには以下のように指定すればOKだ。


▲ポーズをLeft(左)からRight(右)にコピーして左右対称にする例。

逆にしたい場合は、DirectionをRight to Leftにすれば右から左にポーズコピーして対称になる。

簡易的なざっくりライティング

ライトの位置と向きの組み合わせ方は奥が深いらしいので、永遠のアマチュアである私にはよくわかってない。ここでは、「なんか真っ暗なんだけど」みたいな状態をとりあえず回避する方法をまとめてみた。360度画像を背景&光源に使った例もあり。

DAZ STUDIOでざっくりライティング
DAZ STUDIOのライト関連をざっくり覚書しておきたい。 Sun-Sky Only 日付時刻指定で季節の日差しを再現 レンダリング設定で、Environment Modeを「Sun-Sky Only」にすると… 日付と...

Irayプレビュー 短時間で最終レンダ画を確認

フィギュア呼び出し、ポージングなどはフィーリングで出来たとしても、難しいのがプレビュー設定。正解を知らないとすっごく悩む。

レンダリング画像に近い、リアルな画像でプレビューしたい!

DAZ STUDIOのIray Previewをリアルにする設定
本番レンダ前に、ある程度リアルなプレビューを確認しておきたい。 なぜなら、何時間もレンダリングしたあとに「失敗した失敗した失敗した」と悔やみたくないから。 具体的には、↓このプレビュー画質を ↓こうしたい!...

Irayでアニメ調表示

使われているマテリアルによる、セルアニメっぽい表示の仕方。ちょっと微妙な例。

pwtoonでトゥーンレンダリング(アニメ調表示)
フィギュアを非リアルにアニメ調レンダリング(トゥーンレンダリング)する方法をまとめてみたい。 なお、下記の動作はDAZ Studio 4.12で確認済みだ。 pwToonでトゥーンレンダリング そこで、DAZ Studio...

質感・材質(マテリアル)を変える

1ドルアイテムの質感を、DAZ STUDIO付属のシェーダー適用で別物に生まれ変わらせることができるかも。1つづつ設定する手間はあるが、効果は抜群だ。

DAZ STUDIOのテクスチャ変更方法 textureフォルダはどこ?
DAZ STUDIOで、服の色(質感)を変更するShader(シェーダー)について覚書してみたい。 Irayシェーダーと、旧シェーダーのレンダ結果 DAZの古いアイテムをレンダリングすると、なんだか変な感じに描画されることがある...

G8にG3、G2、Genesis用の服を着せる

DAZ STUDIOにはオートフィット機能があって、別系統の服を着回しできる。Genesis8なら、Genesis以降のG2、G3フィギュアの服が着回せるのだ。

ただし、靴のオートフィット精度は少々怪しい。

Genesis 8 のオートフィット 過去フィギュアの服の着回しは現実的か?
先日、Sakura8を購入して、Genesis8の服がなーい! とか思ってた。 でも実はGenesis8には、Genesis,Genesis2,Genesis3の服や髪が着せられるのだ。 Sakura8にGenesis用服を着...

Victoria4、Michael4などの第四世代の服は、G8へのオートフィットが効かない(選択肢に出てこない)ので、コンバータを利用する必要あり。

V4 M4服をG8用に変換 RSSY Clothing Converter from Victoria4 to Genesis 8 Female.
V4、M4用の服をG8で着回すためのユーティリティをゲット。 RSSY Clothing Converter from Victoria 4 to Genesis 8 Female  製作者はRiversoft Art氏...

DAZ STUDIOのスクリプトの書き方

面倒くさい操作を自動化できる。ざっくりとでも知っておくと、公開されているフリースクリプトを流用して便利に使えるかも。かなり応用編だけど、一応紹介。

DAZ Studioのスクリプトを自作する
DAZ Studioのスクリプトを使って、省力化したいなーと思ったので、ざっくり情報を集めてみた。 スクリプトの開発環境 DAZ Studio IDE IDE(Integrated Development Environment)=統...

Iray Server連携

マシンが非力なら、レンダリングファームに描画させればいいじゃない!ってことで、トライしてみたIray Server連携。ライセンス体系の変更のせいか主要なレンダーファームからIray Serverが無くなってて、使えなくなってた…という悲しいオチがついた。

体験版Iray Serverを動かそうとした苦労を未練がましく綴ったりした記録を、一応紹介しておこう。

DAZ STUDIOとIray Server連携 失敗の記録
DAZ Studioには、Iray Server連携という魅惑的な機能があるので、試してみた。 結論から言うと、Iray Serverを動かすことに失敗して、挫折した。 DAZ STUDIOからIray Serverに連携で...

Blenderと連携 objやFBX経由でレンダリングや物理シミュ

無料で使えるBlenderとの連携情報。少しづつ進化して、多機能になった無料3DCGソフトBlenderは、情報も豊富。

主に、2ソフト間でデータをやりとりする手順が共有されている。obj形式やFBX形式で連携が可能だ。

最近めきめきとハイエンド並みの機能を備えてきたBlenderで、Cycles(パストレーシング)やEevee(ラスタライズ法)といった物理レンダラーを利用できる。また、FreeStyleによるアンリアル系レンダリングや高速なDOTS物理シミュレーションなどを扱えるのは魅力だ。

DAZ STUDIOとBlenderの連携まとめ
未だにちゃんとメンテされてて、機能拡張も進んでいるのが無料の3DCGソフト、Blender。 以前から、独特のクセがあって使いにくいという声はあったが、生き残ったもの勝ちという感じがする。 DAZ StudioとBlender連...

Zbrushと連携 モデリングやモーフを粘土細工感覚で

GoZプラグイン(無料)を使って、ZbrushとDAZ STUDIOは簡単に連携できる。このため、Zbrushは、DAZ Studioと親和性が高いモデラーという位置づけになっている。フィギュアのモーフや服のシワ等を、ファイル渡しせずに簡単に加工できるのだ。

既存のモーフの組み合わせだけでは不可能な、オリジナルキャラの製作には必須と言えるだろう。

DAZ STUDIOで服にリアルなシワをつける
DAZ STUDIOとZBRUSHを連携して、ノーマルマップでリアルなシワをつける覚書。 あまりシワがリアルじゃない点は、今の私のシワ描画力がこの程度なのでスルーしていただこう。 リアルなシワをつくる、ざっくりした流れ ...

小技集

DAZ STUDIOの持っている基本機能を使って出来る、面白技をご紹介。

デフォーマ機能で髪アニメーション

単純な機能の組み合わせで、複雑な動きを実現した例。風になびく髪を、dForceを使わずにデフォーマ機能だけでアニメーションさせている。

DAZ STUDIOで、髪をなびかせるアニメーション
DAZ STUDIOを使って、髪をなびかせるアニメーションを作ってみた。 Aiko8 + Mitsu Hair (髪) + New Semester Outfit (服) 髪なびきの概要 D-Former(デフォーマ、変形...

Puppeteer(パペッター)で、アナログな動きのアニメーション

Puppeteerという独特な仕組みで、アニメーションのタイミングをリアルタイムにマウスで入力することができる。手付けでキーフレーム編集したのでは出せない、絶妙なアナログ感のあるモーション付けができるのだ。

モーションは、レイヤーに分けて重ねてつけられるので、複雑な動きをする人間の表情アニメなんかもいい具合にできてしまう。一般的な仕組みではないので、とっつきづらいのが欠点かも知れない。

DAZ STUDIOのPuppeteer機能 マウス操作でアナログモーションづけ
鳥が空を飛ぶアニメーションの例。 移動の動きと、羽ばたきのタイミングは、人間がマウス操作で決められるのでいい感じのアナログ感が出せるのが特徴だ。 鳥の移動は、こんな感じにマウスを適当に動かし… ▲「+」は、マウ...

巨大背景セットをプレビューしやすくする技

「背景を残鉄剣で切ったようにスパッ」と切り取る基本機能で、カメラの位置決めをしやすくする技。

複雑な家オブジェクト内でカメラを動かしてたら、目の前に壁が出現してキーッ!邪魔ー!という状況を打破する技だ。この機能も、長い間私は知らなかった。

斬鉄剣!? Iray Section Plane で部屋の壁を消す
DAZ STUDIOのおもしろ機能、Iray Section Plane。 指定した平面で、アイテムをスパッと切ることが出来る。 いろんなアイテムを斬鉄剣! モンスターもスパッ リンゴもスパッ...

デカール(テクスチャを立体に貼り付ける)

UV展開なしで、何も考えずに2D画像を立体にシールみたいに貼り付ける技術。

DAZ STUDIOの基本機能なんだけど、私は長い間この機能を知らなかった。応用範囲は広い。タトゥーなどのほか、静止画なら涙、血、汗などが作れそう。

DAZ STUDIOのDecalで遊ぶ
フィギュア ↓ 髪 Hampton Hair  DAZ STUDIOのDecal(デカール)を使った、汗や涙の表現を覚書してみたい。 Decal(デカール)ってなに? フィギュアやオブジェクトに、シールをペタ...

おっぱいフィンガー 胸を柔らか変形させるワザ

基本機能(デフォーマ)でおっぱいをムニョ、と変形している例。

制限多いけど、リアルタイムにツンツン、むにょむにょできる。

おっぱい揉んでる DAZ STUDIOで、おっぱいフィンガー
DAZ STUDIOで乳もんでる感を出す方法を編み出したので、紹介したい。 ようするに、こういうことをやる覚書。 この手法を名づけて「おっぱいフィンガー」(OPPAI FINGER)としよう。 ...

デフォーマで背景の奥行きを広げる

3DCGの正確なパースだと、感覚的に奥の方は狭く感じてしまう。トトロなどの有名アニメにならって、誇張したパースを3DCGに適用する試みだ。具体的には一点透視が、2点透視のような感じになるように背景をデフォーマで歪めるのだ。

DAZのD-Formで、トトロみたいに背景に迫力を出す方法
DAZ STUDIOのD-Form(デフォーマ)機能を使って、シーンに迫力を出す方法を覚書してみたい。 やろうとしていることはコレだ。 透視図法といえば、学生の頃、トトロのレイアウトに定規を当てたら一点透視のはずなのに消失点が2...

二次元背景から、光源を逆算してフィギュアとなじませる技

背景セットを全て3Dで揃えようとすると、お金も時間も手間もかかる。そこで役立つのは、2D画像を背景として流用する方法だ。無料素材サイト等から背景画像をダウンロードし、IBL(画像ベースの光源)設定を行うことで、フィギュアを背景画像になじませることが可能だ。画像から逆算するので、ライトの配置などライティング設定作業が不要な点がポイント。

以下の記事は360度画像をHDR(光源として使える情報度の高い画像)化する方法を解説している記事だが、中盤以降で2D画像を使う方法を解説している。

JPG画像をHDRに変換 無料でコンバートする方法
DAZ STUDIOのIBL光源には、通常のJPG画像を使うよりもHDR化したほうがクォリティが爆上がりする。 多少の手間はあるけど、無料ソフトを食いつないで作成できるので、トライしてみるといいだろう。 3枚の360度jpg...

DAZ STUDIOのエラー、困ったことの対処方法

エラーじゃないけど、なんかフィギュアの表示がおかしい

フィギュアは日々アップデートされている。アップデートされたデータをインストールしておかないと、表示がおかしくなることがあるのだ。

Smart Contentsのアイコン右上に妙なマークがついていたら、更新が必要という合図。何も考えずに更新しよう。

DAZ STUDIOでフィギュアの表示がおかしい!?
かなり頻繁にバージョンがあがるDAZ STUDIO。 久々に起動したら、かなりバージョンがあがってて、新しく買ったフィギュアがうまく表示されないなんてことがある。 1時間ばかり苦労したので、覚書しておきたい。 SAKURA 8...

dForceを使おうとしたらエラー

パソコンが古いと、布シミュレーション機能dForceを使おうとするとエラーが出る。対処方法は、パソコンを買い替えて新しくする(か、ビデオカードを新しいものに変える)しかない。

Could not find a avalid OpenCL deviceエラーで、dForceが使えない
古いグラフィックカードだと、DAZ Studioの布物理シミュレーションdForceが使えない。 Simulashon Settingsの「Simulation」ボタンをクリックしたときにこんなエラーが出るのだ。 ▲Coul...

プラグインをインストールしたのにメニューに出てこない

プラグインの中には、シリアル番号の入力が必要なものがある。だけど、「シリアル番号が入っていないので、入れてね」といったメッセージが特に出ない。スパルタな対応といえるだろう。

下記記事の「インストール」の項目に、シリアル番号を入力する箇所があるのでご参考に。

HeadShop OneClick2 人物写真をフィギュア化するツール
DAZにて、人物画像をDAZフィギュア化できるDAZ STUDIO用ツールをゲット。 HeadShop OneClick2 具体的には、人物の写真からG2、G3、G8フィギュアの頭部のシェイプとテクスチャを出力するというもの...

DAZ Studioにインストールしたフィギュアが見つからない

正確には、「インストールは終わったっぽいけど、どこに入ってるかわからない」だ。

手っ取り早い探し方は、Smart Contentsで、「Sort by Order Date:Recent First」を選び、All Productsをクリックすること。

購入日順にアイテムが表示される。

「Sort by…」のすぐ上の「Enter text to filter by…」と出ている検索窓にアイテム名の一部を打ち込めば、フツーに表示される。

Smart Contentに何も表示されない、!マークアイコンが表示される

Smart Contentに何も表示されない場合は、設定を間違えてる可能性あり。

経験上、よくあるのはコンテンツを格納するファイルに日本語が入ってて、外国産のDAZ STUDIOがうまく処理できてない、というケース。

まずは、設定内容をチェックしてみよう。

画面上部のメニューから、Edit→Preferencesを選択

Preferences画面が表示されるので、Contentタブをクリックし、Content Directory Managerボタンをクリック

Content Directory Manageが表示されるので、「CMS Cluster Directory」か、「DAZ Connect Data」のファイルパスに日本語が入ってしまってないかチェック。

日本語パスになってたら、ファイルパスをクリックして選択状態にしてから、画面左の「Directory:Edit」をクリックして別の(ファイルパスに日本語が入っていない)フォルダを指定しよう。

変更時に、「今のコンテンツデータベースがぶっ壊れるぞ」みたいなメッセージが出てビビらされるが、他にどうしようもない場合は、Yesで押し通るしかないだろう。

変更したら、DAZ Install Managerのインストール先フォルダも変更しておこう。

DAZ Install Managerの右上の歯車アイコンをクリック

Setting画面になるので、Installationタブをクリックし、画面左下の「+」をクリック。ラベル(管理名)とファイルパスを入力し、Content Path Shorcutsを入力した管理名に変更。最後にAcceptをクリック。

これで、Smart Contentにアイコンが出現するはず…。

DAZ Studioの用語集

DAZ Studio解説サイトを初めて見た時に専門用語がズラズラ並んでたら嫌になるだろう?私はイヤになる。

DAZ STUDIOで遊んでいて、「お前は何を言っているんだ」と思った用語をまとめてみた。

Iray アイレイ

読み方は「アイレイ」だと思うけど、発音されている様子を耳で聞いたことがないのでわからない。グラフィックボードの機能を使って、現実感ある描画ができる機能…だと思う。Irayプレビューをオンにすると、レンダリングしなくてもレンダリング画像に近い形でリアルタイム表示ができる。

グラフィックボードが非力だと、表示がとても重くなる。

DAZ STUDIOのIray Previewをリアルにする設定
本番レンダ前に、ある程度リアルなプレビューを確認しておきたい。 なぜなら、何時間もレンダリングしたあとに「失敗した失敗した失敗した」と悔やみたくないから。 具体的には、↓このプレビュー画質を ↓こうしたい!...

dForce ディーフォース

DAZ Studioの物理演算機能。布や髪が重力にしたがってフワッとしたりシワが出来たりする様子をシミュレートできる。それなりのグラフィックボードがないと動かない。シミュレートには、そこそこ時間がかかる。

DAZ STUDIOのdForceパラメータ
複雑なdForceパラメータは、dFore Surface Adjusterを使えば簡単に設定できる。ウェイトマップで作用範囲を塗り分けて制御しよう。パラメータを変えたら布の動きがどう変わるか、GIF動画を使って解説。

Dform ディーフォーム

「Deform」のDAZ流の造語っぽい。簡易的なモーフを自作するための機能。便利な機能のはずなのだが、なんか洗練されてなくて使いにくい気がする。

少し工夫すると「テーパー」機能として使える。

DAZのD-Formで、トトロみたいに背景に迫力を出す方法
DAZ STUDIOのD-Form(デフォーマ)機能を使って、シーンに迫力を出す方法を覚書してみたい。 やろうとしていることはコレだ。 透視図法といえば、学生の頃、トトロのレイアウトに定規を当てたら一点透視のはずなのに消失点が2...

DAZ Script ダズ・スクリプト

DAZ Studioの操作を自動でおこなうためのスクリプト言語。Java Scriptに似た独自言語。解説サイトや資料があまりないので、初見だとハードルが高い。

DAZ Studioのスクリプトを自作する
DAZ Studioのスクリプトを使って、省力化したいなーと思ったので、ざっくり情報を集めてみた。 スクリプトの開発環境 DAZ Studio IDE IDE(Integrated Development Environment)=統...

Shader シェーダー

3D形状に割り当て可能な質感データ。ただの立方体にガラスのシェーダーを割り当てると、立方体がガラスっぽくなる。DAZ Studioに付属してくるシェーダーだけでも、けっこう遊べる。

DAZ STUDIOのテクスチャ変更方法 textureフォルダはどこ?
DAZ STUDIOで、服の色(質感)を変更するShader(シェーダー)について覚書してみたい。 Irayシェーダーと、旧シェーダーのレンダ結果 DAZの古いアイテムをレンダリングすると、なんだか変な感じに描画されることがある...

Surfaceの各パラメータの意味がわかっていると、自分で微調整ができてさらに遊びの幅が広がるのだ。

DAZ STUDIOのShader覚書 金属っぽくしたり、透明にしたり
DAZ STUDIOの質感をいじる覚書。 全体の質感を変えるには、シェーダーと呼ばれる質感プリセットを適用するのが手っ取り早い。 しかし、さらに細かくいじるにはSurfceタブにずらりと並ぶ難解なパラメータをいじる必要が...

スマートコンテンツ(Smart Contents)

DAZ Studioで目的のフィギュアやプロップを探す画面。Windowsのエクスプローラーみたいなもの。

選択中のフィギュアに使えるデータだけを表示するなど、「データが多すぎて目的のフィギュア見つからないよキーッ!」というストレスを軽減することができる。

だけど、私は未だに使いこなしていない気がする。

フィギュア(Figure)

DAZ Studioでポージング可能な3Dデータをフィギュアと呼んでいる。厳密には服や髪もフィギュアなのだが、「フィギュア本体」「髪」「服」「靴」などと呼ぶことが多い。(私の勝手なローカルルールっぽい部分もある)

DAZの無料配布フィギュアのおすすめはコレだ
高品質、無料のDAZ STUDIO用フィギュア(人体モデル)の探し方。DAZ公式のフリービーコーナーや、RenderosityのFreestuffコーナー、ShareCGなどはブックマーク必須。

プロップ(Props)

3Dオブジェクトのうち、関節(ボーン)が入っていないものをプロップ(小道具)と呼ぶ。呼ぶんだけど、語感からどういうものか想像できないので「小道具」って呼んだほうがいいのかも知れない。

ボーン(Bone)

ポージングさせるための骨格のこと。フィギュアの中に簡易的な棒人間が入っていて、棒人間のポーズに周りの肉(ポリゴン)がついてくるようなイメージ。

ボーンを設定・調整することを「リギング」(Rigging)という。

マテリアル(Material)

シェーダーと似たような意味で使われる。特定のオブジェクト専用の質感データを指す場合が多いと思う。「この服のマテリアルは6種付属してる」「マテリアルを切り替えて、髪の色を変更できる」などという使い方。

Smart Contentsでは、フィギュアデータの「Material」というフォルダ内に格納されていることが多い。

世代が違うフィギュア間では、UVマップ(テクスチャの割り当て位置)が違うために使い回しができないのだが、変換するツールもある。

Victoria8にV4のテクスチャを使えるようになるキット
今では激安で手に入る、V4のテクスチャセットなどがVictoria8などのGenesis8シリーズに使えるようになるという素晴らしいキット。 Legacy UVs for Genesis 8: Victoria 4 Legacy...

マテリアル設定によっては、パーツを発光させることも可能。

DAZ STUDIOのemissiveでネオンみたいに光らせる
DAZ STUDIOのemissive機能で、遊ぶための覚書をしてみたい。 BEO2K10 v2 まだ何もわかってないので、ひとまずプレビューの仕方だけ。 わー、光ってる-。あとは、おいおい追記していこう。 プレビュ...

モーフ(Morph)

フィギュアなどを変形させるデータ。モーフターゲット。Paramtersウインドウのパラメータを変化させることで、フィギュアが変形する。

フィギュア全体がムキムキの筋肉質になったり、服の胸部分がはだけたりする。脱げた感じに変形するのを、私は勝手に「脱げモーフ」と名づけている。

たとえば、以下のツールは、何もモーフが入っていない1.99ドルアイテムなどにも「脱げモーフ」を追加する。

Fit Control for Genesis 8 Female(s) 脱げモーフ追加&フィット調整ツール
Genesis 8用の服フィット調整&脱げモーフ付加ツールをゲット! Fit Control for Genesis 8 Female(s) プロモ動画がコレ。 デフォルトだと、水で濡れたようにボディラインに追...

中には、垂れ乳や三段腹を作り出すマニアックなモーフセットも出回っている。

Body Diversity Morphs for Genesis 8 Female 段腹・垂れ乳・セルライト集
G8女性に段腹やセルライトを付加するという謎の需要に答えるモーフ集。 Body Diversity Morphs for Genesis 8 Female(s)  アイテム名は、ボディの多様性モーフ、という感じの意味...

オリジナルキャラを作るには、Genesis 8などのベースキャラクターにモーフセットを追加し、パラメータを調整する方法が有効だ。

レンダリング(Rendering)

シーンに配置したオブジェクトを、キレイに描画して画像を生成すること。パラメータが複雑でとっつきづらい。私はとりあえず、パラメータをいろいろ変えて試した結果を記録して体で覚えるようにしている。

DAZ STUDIO 4.12のレンダリング設定覚書
DAZ STUDIOのレンダリング設定を覚書してみたい。 バージョンは、4.12正式版(ベータじゃないやつ)を前提にしている。 General(全般)設定 Dimension Preset(Global) レンダリン...

シェーダーを調整して、セルアニメっぽく描画するも可能。「トゥーンレンダリング」と呼ばれる手法だ。

pwtoonでトゥーンレンダリング(アニメ調表示)
フィギュアを非リアルにアニメ調レンダリング(トゥーンレンダリング)する方法をまとめてみたい。 なお、下記の動作はDAZ Studio 4.12で確認済みだ。 pwToonでトゥーンレンダリング そこで、DAZ Studio...

綺麗にレンダリングするにはライトの設定が不可欠なのだが、とてもむずかしい。私は、緻密なライティングはあきらめて「ざっくり」で済ませることにしている。

DAZ STUDIOでざっくりライティング
DAZ STUDIOのライト関連をざっくり覚書しておきたい。 Sun-Sky Only 日付時刻指定で季節の日差しを再現 レンダリング設定で、Environment Modeを「Sun-Sky Only」にすると… 日付と...

DAZ Studioがフツーに動くグラボの型番は?

私は10年前のGT440という古いグラボを使ってたが、いろいろ厳しかった。GT 1030に変えたら、世界が変わって見えた。

NVIDIA Geforce GT 440

2011年ごろのグラフィックボード。消費電力少ない静音型。

  • Irayフォトリアルプレビュー 他にアプリを動かさねければ動く
  • dForce 必要規格を持っていないため、動かない

dForceを使おうとすると、opencl1.1に対応していないというエラーが出る。

Could not find a avalid OpenCL deviceエラーで、dForceが使えない
古いグラフィックカードだと、DAZ Studioの布物理シミュレーションdForceが使えない。 Simulashon Settingsの「Simulation」ボタンをクリックしたときにこんなエラーが出るのだ。 ▲Coul...

NVIDIA Geforce GT 1030

2017年ごろのグラフィックボード。消費電力少ない静音型。

  • Irayフォトリアルプレビュー ラクに動く
  • dForce 速いとは言えないが、一応動く

パソコンスペックが低くても動くロープロファイル対応で、2020年の実売価格が1万円くらい。最低限の投資でパソコンをDAZ STUDIOが動く環境にしたければ、まあまあの選択だと思う。

搭載メモリは8G欲しい

グラボも重要だが、搭載メモリが4GだとDAZ STUDIOを起動するだけで精一杯、フィギュア2体に服を着せたらテクスチャがメモリ不足で読めなくて真っ白になるくらいだ。

グラボだけを買い換えるくらいなら、メモリ8G搭載できるパソコンに買い替えたほうが良いと思う。

というわけで、私が2020年に購入したのはコレ。スペックそこそこ、コンパクト型でグラボが静音仕様な点が気に入っている。

 

タイトルとURLをコピーしました