DAZの変顔表情モーフ(G8F) Auto Face Enhancer

フィギュアに命が吹き込まれる瞬間を、目撃することになるだろう。

DAZ Studio用の誇張モーフ集Auto Face Enhancerは、単なる変顔作成ツールじゃなかった。


Auto Face Enhancer 

いつも清楚なKanade8ちゃんが…

こうなってしまう!

DAZ Kanade 8 本格・美少女フィギュア風キャラ 登場
追記)髪がセール中だったのでゲットした! #Kanade8 プロモ画の髪がFastGrab対象(70%オフ)になってたのでゲット。 p...

適用後、Poser付属のPowerposeというツールを使って、マウスをグリグリやるだけで、表情がモニョリモニョリとすごい動き方をするのだ。

プロモ動画を見てもらったほうが話が早いだろう。

この顔変形、通常のモーフパラメータを使っているわけではない。新しく仕込まれた「誇張モーフ」とでもいうべき変形が、圧倒的感情を奔流させまくるのだ。

たとえばこの顔。

Auto Face Enhancerをオフにするとこうなる。

フン、お上品なことだなKanade8、という控えめさ。

Auto Face Enhancerは、顔のポリゴン分割を細かくした「代替顔」を作り出し、通常では表現しえない豊かな感情ジワを使えるようになる。

Auto Face Enhancer 付属品

シンプル。メインは「Auto Face Enhancer」という顔のアイコンのやつだ。

まず、Genesis8女性をシーンに呼び出しておき、「Auto Face Enhancer」を適用すると、誇張モーフが埋め込まれる。

PowerPoseで顔を操作すると、すごい顔変形をするという寸法だ。


※Window→Pane(Tabs)→PowerPose

「OFF」で誇張モーフをオフに、「ON」で誇張モーフをオンにできる。

「D.Master Store」は、クリックすると製作者の商品ページが開く、なんというか宣伝用だ。

Kanade8の変顔表情

さあ、Kanade8の表情をいじりまわして遊んでみよう。

これが、素の顔。

軽く目を閉じる。

ちょっと悪だくみ顔に。

嘲笑。

意図的な変顔。

最大級の驚き。

空気鉄砲食らったような顔?

うむ、面白い。実に面白い。人間が心に抱えた闇が吹き出したような、邪悪な要素がふんだんに現れている。

圧倒的表情モーフ!

このツールを適用すると、Genesis8女性の顔モーフが大量追加される。

具体的には、パラメータパネルで、Pose Controls→Head→Auto Face Enhancerにモーフが大量追加されるのだ。

Expressionsには、感情を表現する顔全体のモーフがズラリ並んでいる。

例えば「Happy」を適用するとこう。

ああらぁー!良かったじゃないのぉー!と、心の底から喜びを表現する、顔の全筋を使ってるような良い表情。

「Angry」ああ、そんな顔は似合いませんよ。

「Cheeks Puff」ふくれっ面っぽいけど、なんか食ってるようにも見える。

「Flare Lips」キス顔か?

「Sad」悲しみの顔なのに、なんかかわいい。

「Surprise」え?(まだ半笑い)

「Shock」ちょ、ちょっとマジで?(顔がこわばっていく)

「Tongue Out」ベロ出し。

「Jaw Wide Open」漫画並みに大きく口を開ける

「Face Compression」目を閉じるモーフと組み合わせ

変顔だけじゃなく、いい感じの表情ができている気がする。

顔のテクスチャが置き換わる問題

フィギュアに対して、Auto Face Enforcerを適用直後は、こうなる。

スキー焼けのようにテクスチャの色が違っている。

実は内部的には、Kanade8の顔部分が、「Auto Face Enhancer」という名前の服扱いの代わりの顔で置き換えられている。

その際、テクスチャがGenesis8基本女性のものと置き換わってしまうようなのだ。

元のフィギュアのテクスチャに戻すにはこうする。

SceneタブでGenesis8女性をクリックして選択。(今回はKanade8)

Surfacesタブを開く。
Genesis8のSurface名(今回はKanade 8)の上で右クリックし、Copy Selceted Surface(s)を選択。

これで、もとのマテリアルがごっそりクリップボードにコピーされる。

同じくSurfacesタブで、Auto Face Enhancerという名の上で右クリック→Paste to Selected Surface(s)を選択

この操作で、コピーしたマテリアルを貼り付けることになる。

これで、テクスチャが元の状態に戻るのだ!

あとは、思う存分変顔いじりにはげむのがいいだろう!

男性フィギュアにも適用したい!

男性フィギュアには使えなかったが、なあに、Face TransferでG8女性に男性顔を取り込むとかすれば、そこそこ使えるに違いない。

DAZ Face Transfer 顔写真から3Dフィギュアを生成する機能
DAZ Studio 4.12から、Face Transferというおもしろ機能が搭載された。 画像を一枚指定すると、Genesis ...

工夫次第では男性キャラに適用することもできるはずだ。

やってみた。

G8女性の胸をなくすモーフ「Breasts Gone」(Genesis 8 Female Body Morphs )を適用し、体型をそれなりにいじったあと、G8女性とG8男性のUV(テクスチャを張る位置情報)を交換するツール(Genesis 8 UV Swap: Male and Female Base )を適用したら、このとおり。

うわあ、なんか怖い。でも、生きてる感ある。

Auto Face Enforcer詳細ページ

実は相当面白いツールで、キュンとなるような良い表情を作れるポテンシャルを秘めている。

だけど、詳細ページは、ブサイクなプロモ画で、よくわからツール…いらないな、という第一印象だった。

使ってみると…

めちゃめちゃいいじゃんこれ!宣伝下手すぎ!

「ウチのG8女性ベースのオリキャラ、表情が硬いんだよな…」とお嘆きの貴兄は、要チェック。

命が吹き込まれて驚くことうけあいだ。


Auto Face Enhancer