CrazyBump ノーマルマップ作成ソフト DAZアイテムをリアル化

CrazyBumpは、1枚の画像からノーマルマップやスペキュラマップなどを生成するツールだ。

DAZ Studioでこれらのマップを適切に設定すると、テクスチャを貼っただけのポリゴンが、光のあたり具合で実際にデコボコがあるかのように光・陰影ができて、非常にリアルになるのだ。

とりあえず、今回作ったのはこれ。

フィーリングで作ったので、これで合ってるのかどうか知らないけど、なんかリアル感が出てる気がする。

CrazyBumpとは

CrazyBumpは、シェアウェア。30日フル機能が試せて、継続して使いたい場合は99ドル払うとずっと使えるようになる。

1枚の画像からノーマルマップ、ディスプレイスメントマップ、オクルージョンマップ、スペキュラマップを生成するツールだ。

ざっくりした使い方は、公式サイトの動画を見れば、はぁはぁなるほど、そういう感じなのね…とわかると思う。

私は、以下の様な点がいいなと思った。

  • 1枚の画像から、ノーマルマップやスペキュラマップを生成できる
  • パラメータをいじった結果が即座にプレビューに反映されるので、フィーリングでパラメータ調整ができる
  • 視点と光の当たる方向をマウスでグリグリ動かして、細かいこと考えずに使える

CrazyBump公式サイト

公式サイトの動画と比べると、実際にはPreview画面の表示のされ方が違う気がしたが、きっと些細な問題だ。

CrazyBumpのインストール

Windows用とMac用がある。今回は、Windows版をWindows7にインストールしてみた。

Windowsのバージョンとか全然書かれていないけど、とりあえずWindows7では動いた。インストーラをダウンロードして実行すると、特に迷うこともなくインストール完了。

起動したら、左下の「Open」と書かれたアイコン(Click this button to begin)をクリックで、元になる画像を選ぶ画面が出てくる。

いろいろあるけど、とりあえず左上の「Open photograph from file」(ファイルから写真を開く)を選ぼう。

今回は、DAZ Studioから適当な小物(ハルバード?)のDiffuseに設定されている画像を指定してみた。

元ファイルを書き換えてしまわないように、適当なフォルダにコピーして作業するといいだろう。(※CrazyBumpは、元ファイルを書き換えない仕様っぽいけど、念の為)

すると、プレビュー見ながらパラメータ調整できる画面に切り替わる。グリグリぽちぽちしながら、好きなように調整しよう。

各種マップ画像を出力するには、画面下のSaveアイコンをクリックし、Save All Texturesを選択。

「Saveアイコンの、この絵ってなんなの?」という若い世代のために説明すると、これは3.5インチフロッピーディスクという太古の記録媒体である。

こんな感じでファイルが出力される。

ノーマルマップなどをDAZ Studioに設定

出力された画像は、DAZ StudioのSurfacesで適切に設定するとレンダリング画像に反映される。

カラーマップ

CrazyBumpのDiffuseタブでパラメータをいじった場合は、元のDiffuseテクスチャが加工されて、xxx_COLOR.pngというファイルで出力される。カラーマップでいいのかな。

Surfacesで設定する場合は、Diffuse Colorにマップを設定する。

ノーマルマップ

ノーマルマップは「Normal Map」に設定。

スペキュラマップ

スペキュラマップは、Specular Strengthに設定。Specular Colorがグレーになっている場合は、白(255,255,255)にしておいて、テカリすぎる場合にはSpecular Colorをグレーっぽくしていく…という調整をするといいだろう。

ディスプレイスメントマップ

今回設定してないけど、ディスプレイスメントマップ(xxx_DISP.png)は、Displacement Strengthに設定する。

ディスプレイスメントマップは、ポリゴンを実際に変形させてデコボコを作るためのマップだ。

Maximum Displacementと、Minimum Displacementはデコボコの最大値と最小値を設定する。

なお、ディスプレイスメントマップはポリゴンが荒い状態だと見栄えが良くないので、サブディビジョンレベルを上げるなどしてポリゴン分割を深くしておく必要がある。(※ParametersのResolution Levelとかで調整できる場合もあるが、設定できないアイテムもある。このへんは今の私にはよくわからない)

オクルージョンマップ

入り組んだ形状の溝などにイイ感じの影を作るマップ。

フツーのShaderには組み込まれていないっぽいので、Shader Mixerで追加してやる必要あり。

手順は、いったん覚え書き程度に書いておこう。

  • Surfacesタブで、対象のSurfaceを選択状態にする
  • Window→Panes(Tabs)→Shader Mixerを呼び出す
  • Shader MixerのFiles→Import From Sceneでシェーダーを取り込む
  • Ambient Occlusion(Lighting→Shadows→Ambient Occlusion)を新規で作る。
  • 「DS Default Material」のAmbient ColorにAmbient Occlusion(Lighting→Shadows→Ambient Occlusion)を接続。
  • Image Map(Textures→Image Map)を新規で作る
  • Ambient OcclusionのStrengthに、Image Colorを接続。
  • Shader Mixerで「Apply」をクリックして変更を適用。

Surfacesタブに「Image」というパラメータが増えているので、オクルージョンマップ(xxx_OCC.png)を設定する。

後から見て「なんだImageって?」とわからなくなるに決っているので、本当はImage右横の歯車アイコンをクリックして、名前を変えておくのがいいと思う。

歯車アイコン→Parameter Settingsをクリックすると、Paramter Settings画面が出てくるので、Labelのとこの文字列を変更すればOKだ。

その他のノーマルマップ作成ソフト

画像からノーマルマップを生み出すソフトとしては、CrazyBumpはかなり古いものらしい。DAZのフォーラムに、似たソフトウェアの一覧があった。

ノーマルマップ生成ツールの一覧。

  • MindText2 UIが優れているノーマルマップ出力ツール。30日間無料試用可能、購入は1,980円。ゲームストアのSteamで購入可能。
  • ShaderMap for Windows ノーマルマップ含む8種のマップを出力。49ドル
  • SUBSTANCE DESIGNER 地形データを扱える。月額 19.9ドルから
  • Quixel スキャン済みの各種マップを販売。Unreal Engineなどゲームエンジンで使われる? 月額19ドルから
  • NORMALMAP ONLINE ウェブベースで、画像をドロップするとノーマルマップを出力。無料。
  • NVIDIA Texture Tools for Adobe Photoshop NVIDIA製Photoshop用のノーマルマップ生成プラグイン。無料。
  • gimp-normalmap GIMP用のノーマルマッププラグイン。無料。
  • XNormal ノーマルマップとオクルージョンマップを出力するフリーウェア。Windows7以降用。
  • Sprite Illumintor Normal Map Generator 2Dゲーム用、2D絵をやや立体的に見せる。ノーマルマップを出力。無料。

Normalマップを出力するだけなら、フリーウェアでも十分。ただし、パラメータを変化させながらプレビューしつつ調整するには、やはり有料版が必要になってきそうだ。

上記をざっと見た感じでは、Steamで買えるMindText2が、安くて高性能で良さそう。

CrazyBump公式サイト

けっこうサクサク動く上に、フィーリングで操作可能な点が素晴らしい。

ただ、今から買うには99ドルはちょっと高い気がした。後発ソフトで、安くて高機能なものもけっこう出ている。

CrazyBump公式サイト