Poserで芸能人顔を作る

Poserで芸能人の顔を作ろうと思った。

具体的には、おじさんが、顔認識技術と、遺伝的アルゴリズムを使って、石原さとみ顔をV4ベースで作ろうと思った。

Victoria4とmorph++で操作できるモーフターゲットのパラメータを自動的に最適化して、石原さとみ顔に近づけていくというやり方だ。

途中経過 Poser V4で石原さとみは出来たのか?

対象にした写真はこちら。

キヤノン、石原さとみさんを「PIXUS」のイメージキャラクターに起用 – 日経トレンディネット

使ったモデル、テクスチャは、Victoria4  Morph++ プラス The Metropolitan Collection Lyon and Paris V4.2

顔認識スクリプトによると、左上のは「人の顔じゃない」と判定された。(ひどい)

そこから進化を繰り返して、類似度56%まで来たところ。類似度50%程度では、全然似てない感じ。

進化が進むと、けっこうカワイイ顔が現れて、テンションがあがる。(似てるかどうかは別)

また、完全ランダムだと「人の顔じゃない」(kaoninsiki sippai)という判定が4割以上出ていたのが、進化が進むと、あまり出なくなってくる。

上の数字は、2画像間の距離を0.0~1.0(0.0が全く同じ画像、1.0が全然違う画像という判定)で表示している。

例えば、0.42だと、類似度58%ということになる。

最終的には、さとみ65%の顔が現れた。

目の下の黒い線は、眼球が物理的に顔面にはみ出してしまっているもの。だが、元の写真と比較すると、この黒い線を「涙袋」とみなしているらしく、類似度が高まっているようだ。

また、今回の実験では、The Metropolitan Collection Lyon and Paris V4.2というキャラクターモーフをベースに作ったので、色んなモーフをいじると、目玉や歯茎が飛び出すなど造形に破綻が出やすくなる。

うーん…なんとなく石原さとみテイストが出てる気はするが、素のVictoria4でやりなおしたほうが良いかも。

ざっくりした流れ

  1. Poserでスクリプト使って、ランダムにパラメータ設定して50人分の顔を作る
  2. 顔認識(pythonベースで公開されてるスクリプト)使って、石原さとみの画像と1で作った50人との類似度スコアを出す
  3. 類似度スコアの良かった顔を、遺伝的アルゴリズムで進化させ、じわじわと石原さとみ顔に近づけていく

そんな感じ。

ふと思いついたので、ゴールデンウイーク中の自由研究テーマにしようと思ったが、あっという間にゴールデンウィークは過ぎ去っていった。

↓完全ランダムな、第一世代の顔。

まるで石原さとみじゃない顔がズラリ。

↓世代が進んで、さとみ度30%くらいの顔たち。

淘汰が進んで(?)3系列くらいの顔になってくる。

恐るべき技術かも?

まだ進化待ちで、どのくらい似たものができるかわからないが、これってけっこう怖い技術じゃないだろうか。

なぜって、写真が一枚あれば、Poserで激似芸能人顔モーフが作れるのだ。

場合によっては、Poserのモーフでキャラクターを作ってる職人さんを全員、敵に回す技術かも知れない。

まあ、考えすぎだとは思う。

Poser似顔モーフの覚書

「とりあえず動く」スクリプトを作った。

それはもう、つぎはぎだらけ。サンプルスクリプトを組み合わせて作った。

その他、気づいたこと。

Pythonベースで連携しているので、Poser限定。DAZ STUDIOは、DSスクリプト?という独自のスクリプトなので、流用はめんどくさそう。V8ベースで試してみたかったが…。