Pose Companion for Genesis 9 DAZのG8→G9ポーズ変換

Pose Companion for Genesis 9

DAZのポーズ変換ツールをゲット。

Pose Companion for Genesis 9 | Daz 3D

Genesis 8用のポーズを、Genesis 9用に変換&適用してくれるツールである。

Genesis 3 and 8 to 9 Pose Converterという競合商品があるが、違いはこんな感じ。

項目Pose CompanionPose Converter
下処理不要事前に変換処理
使い勝手ContentLibraryからSmartContentから
対応ポーズG8のみG3とG8

ざっくり言うと、Poser Companionは変換処理不要で即適用できるけど、ContentLibraryからのみだし、対応ポーズもG8のみというデメリットがある。

私は、所有ポーズデータはほぼG8用だったし、ContentLibraryから使うのは面倒かもだけど、エイヤッと購入してみた。

Pose Companion for Genesis 9の使い勝手

DIMなどからインストールすると、DAZ STUDIOの画面上部にCONVERTというメニューが現れる。

※インストールしたのにそんなの出てこないという人は、DAZ STUDIOを再起動してみよう。

メニューの意味はこんな感じ

  • Convert and apply selected pose 選択したポーズを変換して適用
  • Convert and apply pose from disk ディスクからポーズを変換して適用
  • Open Pose Companion PDF manual マニュアルを開く
  • Ask Whether to run off property limits 実行時に、可動範囲制限を適用するかどうか聞く?

実行は、ContentLibraryからだが、SmartContentで右クリすると、「ContentLibraryで開く」という機能があるので、コレを使えば楽だった。

SmartContentで階層移動しても、ContentLibraryではポーズのフォルダが開きっぱなので、いつもより便利とさえ思えるくらいだ。

とりあえずシーン上にGenesis9を呼び出し済みで選択していることを前提に話を進める。

SmartContent上で適用したいポーズのアイコン上で右クリ→Show Asset in→Content Library>Productを選ぶ

適用ポーズが関節可動範囲を超えてる場合、Turn off limits?というダイアログが出る。

Trun off limits(可動制限を解除)か、Keep limits(制限をそのままにする)を選ぶ。

ポーズが適用できた。指先まで美しくポーズが再現されている。

なかなかいいぞ。

事前処理が不要なので、G8ポーズを即使える感じがとてもいい。

G8のポーズをたくさん持ってて、Genesis 9のポーズをまた集め直すの面倒だなぁ…という人はチェックしてみるといいんじゃないだろうか。

Pose Companion for Genesis 9 

 

タイトルとURLをコピーしました