斬鉄剣!? Iray Section Plane で部屋の壁を消す

DAZ STUDIOのおもしろ機能、Iray Section Plane。

指定した平面で、アイテムをスパッと切ることが出来る。

いろんなアイテムを斬鉄剣!

モンスターもスパッ

怪奇手長男 The Count for Genesis 8 Male
DAZにて、手長クリーチャーのコイツが、けっこう人気あるらしい。 The Count Bundle  よ...

リンゴもスパッ

大仏さまもスパッ(バチあたり!)

面白いけど、本当の使い道はそうじゃない。

部屋オブジェクトの、カメラの手前の壁だけ消す

たとえば、こんな家オブジェクトがあったとして…

参考)再現度の高すぎる昭和の家 Japanese70’sHouse – Poser覚書

フツーなら、壁を透明化したり、一部のポリゴンを削除したりなんだりしないと、部屋の内部のレンダリングは難しい。

だけど、こうやってスパッと切って…

カメラを寄せていけば…

何の苦労もなく、部屋の中がレンダリングできた!!

画期的!

Iray Section Planeの使い方

使い方は簡単

シーン内にIray Section Planeを呼び出すだけ。「無限平面」でオブジェクトが勝手に切断される。

画面上部のメニューCreate→New Iray Section Plane Nodeを選択

名前をつけろウインドウが出るので、Acceptをクリック

レンダリングすると、画面が面で切断されてる。

切断面は、Iray Section Planeの位置と角度で決まる。動かしてみよう。

Sceneパネルで、Iray Section Plane Nodeをクリック

Sceneパネルが出てないときは、Window→Panes(Tabs)→Sceneで出てくる

ParametersパネルでIray Section Plane Nodeを動かす

Translate(移動)とRotate(回転)をいじって動かしてみよう。Scale(拡大縮小)はいじっても意味なし。

どういうふうに切断されるか、プレビューしながら動かしたい場合は、プレビュー設定を変えよう。

切断状況をリアルタイムプレビュー

シーンの上部の斜め立方体をクリック→NVDIA Irayを選択

重いデータだと表示に時間が掛かるが、切断具合を見ながら操作できる。

切れてる!

Iray Section Plane Nodeを2つ作ると

2つの面で切断できる。無残。

Iray Section Plane Nodeを使ったアイデア

GANTZの転送シーン

Iray Section Plane Nodeをアニメーションさせれば、「ガンツ」の転送シーンが作れそう。


▲頭の中はカラッポだよ~~~ん

100万の命の上に俺は立っているのゲームマスター

あるいは、新しいマンガで言うと「100万の命の上に俺は立っている」のゲームマスター。

100万の命の上に俺は立っている ゲームマスター

マンガ内では「顔半分の変態」と簡潔に紹介されている。うん、そうとしか言い様がない。

100万の命の上に俺は立っている eBookJapan ←試し読みの最初のほうに出てくる

真面目な目的に使える機能なのに、ロクでもないことばかり考えて申し訳ない…と思いつつ、今回の覚書を終わる。