DAZ STUDIOで360度画像をレンダリングする

360度表示 ↓

VRで使うような、上記の画像をDAZ STUDIOでレンダリングするための覚書。

Stone masonなどの重い背景アイテムを360度画像にして軽い背景として使うことも可能だ。

DAZ STUDIOで360度画像をレンダリングする方法

カメラの設定で可能。

DAZ STUDIOの上部メニューからCreate→New Cameraを選択

Create New Cameraウインドウが表示されるので、そのままAcceptをクリック

ビュー名をクリックし、カメラを追加した「Camera」に切り替える

Sceneタブでカメラをクリックして、選択状態にする。

※Sceneタブが表示されていない場合は、Window→Scenes(Tabs)→Sceneで表示させる。

Parametersタブで、Camera→Lens→Lens Distortion Typeをsphericalに変更

画像を360度画像っぽくぐにゃりと歪めるオプションだ。

なお、このパラメータは、Render SettingsでEngineを「NVIDIA Iray」にしないと表示されないっぽい。

Parametersタブで、Cameraの、以下の項目を0に設定

  • X Translate
  • Z Translate
  • X Rotate
  • Y Rotate
  • Z Rotate

Y Translateを適当な高さに設定。(フィギュアの目線くらいの高さ=70くらいだと扱いやすい)

Render Settingsで画像を大きめに設定する
レンダリングのアイコンをクリックするか、Ctrl+Rで描画
背景をどのくらいの解像度で使うかにもよるが、Render SettingsでPixel Sizeを大きめに設定しておくといいだろう。
5000×4000くらいにしとけば、普通の用途なら大丈夫だと思う。(けど、メッチャ時間かかるので、2000×1600くらいが無難か…?)
レンダリング(Ctrl+Rかアイコンクリック)には、そこそこ時間がかかると思う。
これで出来上がりだ。
出来上がった画像は、jpgで保存すると良いと思う。

参考)Convert Spherical Render into 360 YouTube Video – Daz 3D Forums

HDR画像に加工する

出来上がった360度画像は、Render Settingsのenvironment mapとして光源がわりに使うには光量が足りない。

そこで、レンダリング時にRender SettingsのExposure Value(EV)をいじって、「露出オーバー、露出通常、露出アンダー」の3種の画像を作ってHDRに合成するのだ。

  • Exposure Value 11くらい = 露出オーバーの明るい画像
  • Exposure Value 13(デフォルト) = 通常画像
  • Exposure Value 15くらい = 露出アンダーの暗い画像

実際の手順は、「Exposure Value を変更して、レンダリングして、画像保存」を3回繰り返す感じ。

下の画像、背景はHDRIだ。明るさのバランスは、そこそこいい感じ。

360度画像を背景として使う方法と、jpgをHDRに合成する方法は以下を参考に。

DAZ STUDIOの背景にTHETAの360度画像を使う
THETAという360度カメラで撮った画像を、DAZ STUDIOで使う覚書。 THETAというのはコレ。 関連)RICOH THETA SCゲット! 3DCGに興味があって、360度カメラが発売されてて、とり...

まとめ

  • カメラの設定でLens Distortion Typeをsphericalにすると360度画像が描画できる
  • Render SettingsでEngineを「NVIDIA Iray」にする必要あり

なお、Render SettingsでEnvironment の光源として使うと、

タイトルとURLをコピーしました