Sketchy 漫画レンダリングっぽいことができそうなシェーダー

Sketchy – Toon Edge and Art Style Shaders for Iray

フィギュア Anime Fighter 

使い方はめんどくさそう。おいおい使いこなしていきたい。

プレビューがなんか真っ白になる

ざっくり使おうとして、なんか真っ白になったんだけど?という場合は、プレビュー設定をしておこう。プレビューの様子が変わらない場合も。

↓こちらの設定をすればOK。

DAZ STUDIOのIray Previewをリアルにする設定
本番レンダ前に、ある程度リアルなプレビューを確認しておきたい。 なぜなら、何時間もレンダリングしたあとに「失敗した失敗した失敗した」と...

ざっくりした使い方

フィギュアを選択状態にする

Sceneパネルで、フィギュア名をクリックするのが簡単。

サーフェスを選択状態にする。

サーフェスは、塗り分け用の領域みたいなもの。G3 Female系のTeen Josie 7などは、「Skin-Lips-Nails」という一発選択用のサーフェイスが用意されている。

Surfacesパネルにて、Skin-Lips-Nailsをクリック

→肌、唇、爪のサーフェスが一発で選択される。

ほかに、Surface Section Tool(Alt+Shift+M)で、フィギュアの肌をポチポチ選択する方法もある。

Full Shadersのどれかを適当にダブルクリック

今回は、DTTS-05 Full Shader Cross Hatch Aを適用。

なんだか劇画調に。

描画スタイルを変更

05 Draw StylesのDTTS – 03 Draw Style Sclale Gをダブルクリック。

塗りつぶし部分のテクスチャが細かくなる。

うーん、ちょっと影が濃すぎる気がする。

池上遼一 ワイルド&ビューティーの描き方 (玄光社MOOK プロのマンガテクニック)

池上遼一作の劇画みたいに、影をつけてみたいところ。

暫定覚書

色々調整してこんな感じに。なんかアニメ影っぽい2トーンの影が偶然出来てるのは良い。

SurfaceのToonをこんなふうにいじった。もうちょっと色々試したい。

内容物

  • 01 Full Shaders
  • 02 Solid Color Diffuse
  • 03 Toon Diffuse Modifers
  • 04 Toon Outline Modifers
  • 05 Draw Styles