DAZ to blender bridgeの使い方

DAZのコンテンツをBlenderに持ち込むプラグイン、DAZ to blender bridgeの使い方を覚書してみたい。


Daz to Blender Bridge

Daz to Blender Bridgeは、現在0円でゲットできるので、早めにもらっておこう。(たぶん、当分の間は0円)

まずは、DAZ STUDIOを起動し、シーンにフィギュアなどを配置しておこう。

以下、シーンにフィギュア配置済みの前提で話を進める。

DAZ to blender bridge / どこから起動するの?

インストールすると、DAZ STUDIOのScriptsメニューに、Bridgets→Blender→Daz to Blenderというメニューが出現する。

SubDivレベルを聞いてくる。ポリゴンの分割具合はどうするね?というような意味だ。

そのままSubDiv 0のままAcceptをクリック

何やら処理が動いて、この画面。

うーん、よくわかんないのでこのままAcceptをクリックした。

スッ…と処理が終わる。え?このあとどうすんの?ファイル名も聞かれなかったけど、どこかに何かが保存されたの?

実は、変換されたデータは内部的に保存されてて、ユーザ側で名前をつけたりできないっぽい。

Blenderにdaz to blender bridgeアドオンをインストール

Blenderは、最新の2.8.3を使った。たぶん、2.8以前のBlenderでは動かないんじゃないかと思う。

Blender側にもアドオンをインストールする必要がある。

DAZ STUDOでDAZ to Blender Bridgeをインストールすると、以下の場所にzipファイルがあるはずだ。

DTB_V280-283.zipというやつだ。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Blender Foundation\Blender\DAZ 3D Add-ons

Windowsの検索窓に%appdata%と入力し、Enterを押すと、…Roamingのパスでエクスプローラが開くので、多少楽にファイルを探せる。

このzipファイルを、マイドキュメントとかデスクトップとか、わかりやすい場所にコピーしておく。

Blenderで、編集→プリファレンスを選択

プリファレンスウインドウで、アドオンをクリックし、インストールをクリック。

ファイルの場所を聞かれるので、さきほどのDTB_V280-283.zipを指定する。

インストールが終わったら、プリファレンスの検索窓に「daz」と入れると、Armature DazToBlenderというアドオンが出現するので、名前の前の欄にチェックをつけて、プリファレンス画面を閉じる。

BlenderでDAZ to Blender Bridgeアドオンを起動

Blenderのビューポートの右上を見て欲しい。赤・青・緑の変な物体(ギズモ)が表示されているあたりだ。

この部分を目を凝らしてみると、ちぃーーっちゃい「<」マークがある。これをクリックする。

「DazToBlenderタブ」をクリックし、Import New Genesis 3/8ボタンをクリック。

OK?と聞かれるので、Import New Genesis 3/8をクリック。

なにやら時間がかかり、処理が行われる。

処理が終わったが何も表示されない。実は、超巨大なフィギュアが表示されているのだ。マウスのホイールボタンを下方向にコロコロして、画面を縮小する。

足が出てきた!好きなサイズまで縮小する。

どうやら、フィギュアのインポートはできたようだ。関節構造やインバースキネマティクスも持ち込めた模様。

テクスチャとかどうなっちゃったんだ。髪もないし。

ちょっとそのへんのことを調べることにして、いったんここで覚書を終了する。

タイトルとURLをコピーしました