おっぱいフィンガー DAZ STUDIOで揉んでる感を出す方法

DAZ STUDIOで乳もんでる感を出す方法を編み出したので、紹介したい。

ようするに、こういうことをやる覚書。

この手法を名づけて「おっぱいフィンガー」(OPPAI FINGER)としよう。


Aiko8 Leotard for Genesis 3 Female(s) + Mitsu Hair (髪)

よぉーく見ると、触れた指先周辺の肌が、むにゅっとへこんでいるだろう。

D-Former(デフォーマ)機能を使っている。Poserで言うマグネットだ。

触ったところが、へこむぅ!現実世界の当たり前を3DCG世界にも!

これは何を意味するか…早い話が、DAZ STUDIOやPoserで乳揉みアニメを作れるということなのだ。

乳揉み設定のネタばらし

「揉めるのか? それとも────揉めぬのか?」

リアルに乳を揉むシーンを作るため、有志が莫大な時間を使って研究したこのテーマ。

それが、昔からあるデフォーマ(マグネット)機能でできてしまうという。

カラクリはこうだ。

指先に、デフォーマ(マグネット)をくっつける。デフォーマの影響範囲も指先にくっつける。

図にするとこんな感じ。

その状態で、指先を肌に少しめり込ませると…肌周辺がデフォーマによって変形し、凹む。

上の例では、親指、人差し指、中指の先端にデフォーマ&影響範囲をくっつけ(ペアレント)ている。

乳揉み設定のやり方

まだまだ思い通りに行かないケースが多いので、暫定版としておこう。

ちなみに今回は、自分の指先で触れた部分がへこむので、セルフ乳揉み用となっている。別フィギュアの指先に以下の設定をすれば、えー、なんというか二人乳揉みが実現できると思う。

なお、Poserでもマグネット機能で同じようにできるはず。多分。

  • シーンにフィギュアを呼び出す。
  • Sceneペインで、フィギュア本体を選択(この場合だと、Aiko8)

※ここで、フィギュアの個別パーツを選択状態にすると、このあとの手順でD-Formerが作れない。

  • Create→New D-Formerでデフォーマを呼び出す

デフォルトだと、デフォーマはフィギュア全体を覆うような、巨大な球。扱いやすいよう、手を加えよう。

  • Sceneペインにて、D-Former_1_Fieldをクリック
  • Parametersペインにて、Scaleを200%に変更
  • Draw StyleをWireframeに変更

すると、球がまあまあ扱いやすいサイズになる。表示もワイヤーフレーム方式になってちょっと見やすくなる。

  • デフォーマのBaseとfieldをフィギュアの指先(たとえば、左人差し指 Left Index3)のペアレント

具体的には、Sceneペイン上でD-Former_1_BaseとD-Former_1_FieldをRight Index 3にドラッグドロップする。(画面上部メニューEdit→Object→Change Parentでも可)

Sceneペイン上で、上のようにD-Former_1_BaseとD-Former_1_Fieldが、Right Index 3の下に表示されていればOKだ。

D-Former_1_Baseを人差し指のあたりに移動させる。

D-Former_1_Fieldは、適当に近くに移動させる。(baseの位置は、変形に関係しないっぽい)

フィギュアの指先が、真横を指すようにポーズ変更しておくと準備しやすいかも。

BaseとfieldのX Rotate、Y Rotate、Z Rotateを0にする。

Base(円盤みたいなの)とデフォーマ本体(えのきみたいなの)が、指先を向くようBaseのRotateを調整。

今回のケースでは、D-Former_1_baseを選択状態にし、Z rotateを-90にしたら上の図の状態になった。

D-Former_1を選択状態にする。

D-Former_1なんて見当たらないぞ、というあなたは、D-Former_1_Baseの先頭についてる▲をクリックすると出てくる。

D-FormerのY-Translateを-5に設定。

えのき部分が円盤に、ズン!とめり込む感じになる。


▲えのきがズン

指先を、適当なおっぱいのどこかにめり込む程度に近づける。

※現段階では、なぜかFieldの球と凹む位置がズレる。原因はわからんちん。

  • fieldの位置を調整して、いい具合に凹む箇所を探す。
  • Baseの向いている方向で、押しこむ方向が変わる。(←けっこう重要)
  • ヘコミすぎる場合は、D-Former_1のY Translateの値を小さく。

※現段階では、胸の場合と足の場合など、触れる箇所によっても変形箇所がズレる。胸を揉む場合は胸用の調整、足を揉む場合は足用の調整が必要になる。

指を肌にくっつけたり、離したりして肌がいい感じに凹むまで調整。

フィギュア本体のパラメータ、SubDivision Levelを上げてポリゴンの細かさをあげる。凹み箇所が綺麗になる。

具体的には、Aiko8を選択状態にして、Parametersペインで、SubDivision Levelを1に変更。

できたら、親指と中指にも同様の設定をする。根気があるなら、全部の指に設定してもいい。

おっぱいフィンガーだ!

エロい方向に応用するなら、舌の先にペアレントしてもいいのかも知れない。このブログでは、ちょっといやらしくなりすぎそうなので、想像だけにとどめておこう。

パンチで敵の顔が変形したりとか、頭をなでたら髪の毛がわしゃわしゃするとか、そういう健全方面にもいけそう。

わかっている不具合

理論上は、これでパーフェクトなはずなのだが、影響範囲が思っている場所とズレる。ズレまくる。

おっぱいを揉んだ後、おしりを揉んでみようと思ったら、あらぬところがにゅっと凹んでしまうのだ。

おさわりしてるのはそこじゃない!

DAZ STUDIOのバグということではないと思う。

特に複雑なポーズのときほどズレがひどい。同一フィギュアにデフォーマ-と影響範囲をペアレントしているのが原因かも知れない。