DAZ STUDIOの背景にTHETAの360度画像を使う

THETAという360度カメラで撮った画像を、DAZ STUDIOで使う覚書。

THETAというのはコレ。

RICOH THETA SCゲット!
関連)RICOH THETA SCゲット!

3DCGに興味があって、360度カメラが発売されてて、とりあえず2万円ある。

買った。深く考えずに買った。

撮れるのはこういう画像。

#沖縄 #瀬長島 #ウミカジカフェ – Spherical Image – RICOH THETA

DAZ STUDIOにTHETA 360度画像を取り込む方法

取り込むというほどでもなく、簡単。

DAZ STUDIOの「Render Settings」にて、
Environment ModeをDome Onlyにする
Draw DomeをOnにする
Environment Mapの左にあるちっちゃいアイコンをクリックし、THETAの360度画像を指定
Environment Mapの右にある数字を1.00に変更

Draw SettingsのDraw Styleを NVIDIA Irayに変更

これで、プレビュー画面に360度画像が表示されるようになる。グリグリ視点を移動させると、360度画像もぐるぐる回る。

おもしろ!

ただし、グラボが貧弱な場合、G8フィギュアに服を着せたものを表示させようとすると…

全然表示されない。「応答なし」になる。

プレビュー表示がグラボの性能を超えた処理になってしまうのだ。

グラボが貧弱な場合のフリーズ回避策

ようするに、G8フィギュアを呼び出した状態でIray Previewを激重なので、回避したいということ。

まず、上記の手順で360度画像がプレビュー表示できるようにする。

ローポリなフィギュアなどを配置して、立ち位置を確認。

Dray SettingsのDraw StyleをTexture Shadedに変更。

Genesis8などの目的の「重いフィギュア」を呼び出し、服を着せたりポージングさせたり。

レンダリングすればできあがり。

単なる画像を背景にした場合との違いは、フィギュアがピタッと地面に設置した感じになるというか。

まー、なんか面白げな3D合成画像が作れるかもなぁ。といったところで、今回の覚書を終わる。