Syph and Bodysuit for Genesis 8 Female 銃夢のガリィがここに

銃夢そのまんまな感じのフィギュアが出ていた。ポチった。


Syph and Bodysuit for Genesis 8 Female 

別に新規品ではないので、きっと以前からあったのだが気が付かなかった。銃夢の実写映画のタイミングでリリースされたのかも。とすると、結構前だな。

イメージの違う髪を装着すると、まるで銃夢じゃなくなってしまう。顔だって、なんていうかフツー。

それでも、私がこのフィギュアを購入した理由はプロポーションだ。

足がスラリと長くて、胴体が短めのデフォルメ体型。戦闘訓練を受けたような実用的な筋肉がついている感じで、実にカッコイイ。

そんなの、モーフの値をちょいちょいといじれば出来るだろう、と思うかも知れないがこの体型を見よう見まねで作ったとしたら、きっとものすごい時間がかかるのだ。

キック!

ある種の感覚を持つものだけに可能な微調整が、ボディ全体の美しさを醸し出している。

そう、体だ。私は体だけが目的で、この女の子を買ったのだ!

ゲッツ!

Syph and Bodysuitの付属物

構成はオーソドックスに、以下の様な感じ。

  • フィギュア本体
  • マテリアル
  • シェイプ適用
  • 機械の体(服扱い)

まずはフィギュアから見ていこう。

特に何か凄い仕掛けがあるわけじゃない。ダブルクリックで普通に呼び出せる。

続いて、マテリアル。

目と長めのまつ毛、戦闘メイク?が付属。また、エロい遊びをする目的で、性器のテクスチャが付属している。(Genitalia)

こちらシェイプデータ。私はこれらが何のためにあるのかさっぱり理解できなかったが、別フィギュアの顔だけ、もしくは体だけを差し替えるためのものらしい。全身のアイコン「Syph Apply」を適用すると、別のG8フィギュアがあっというまにSyphに差し替わる。やり方の例は後述。

最後に、服扱いの機械体。

特に面白い仕掛けはついてないけども、いい感じのマテリアル設定がしてあって、平面なのに奥行きが感じられる凝った作りになっている。

服扱いってことはあれか、別のフィギュアにも装着できるってことだな。


▲メカになったヒトシ先生

このメカパーツは、パーツごとに表示・非表示ができるので、腕だけメカとか足だけメカというのも可能だ。

別フィギュアの体のシェイプだけをSyphにする方法

今まで使い道が全然わからなったシェイプデータ。使い方はこうだった。

まず、Kanade8にエロ女戦士の装備を着せる。髪はJanna Hair

DAZ Kanade 8 本格・美少女フィギュア風キャラ 登場
DAZ からリリースされた新フィギュアは、一味違う。 Kanade 8 目鼻のバランス完璧。 スタイルも完璧だ。 立ちポーズだとデカすぎる気がするので、寝かせるのがいいのかも知れない。 ...

Kanade 8はたぶん、一般の女の子なのでまるで鍛えていない感じのボディである。そこで、Kanade 8を選択した状態で、Syphのシェイプデータを適用!

平たく言うと、Smart Contentタブの、Syph and Bodysuit for Genesis 8 Femaleから、Shaping→Syph Body Applyをダブルクリックしたということだ。すると。

一瞬で、Kanade 8の筋肉がメキョッとムキる。あれ、でもなんかちょっとおかしいな。実はこれ、Kanade 8の体型とSyphの体型が二重に適用された状態になっている。

ParametersタブのKanade 8→Actor→Full Body→Peopleを見てみると…

「Kanade 8 Body」と「Syph Body」が両方100%になっている。

意図した状態は、Kanade 8 Bodyが0%、Syph Bodyが100%だ。手動で変更した。

そうだよ、これこそ私が体目的で買ったSyph体型だ。さっきの2重適用のやつと交互表示して、差を見てみよう。

アイコンだけで体を差し替えるなら、Kanade 8のシェイプのREMを適用後、Syph 8のシェイプ Applyを適用ってことになるんだろうか。うーん、パラメータを直接いじったほうが速いような気がする。

そんな感じ。

いろいろ遊んでみよう。

Syph and Bodysuit for Genesis 8 Female 

タイトルとURLをコピーしました