DAZ Face Transfer 顔写真から3Dフィギュアを生成する機能

DAZ Studio 4.12から、Face Transferというおもしろ機能が搭載された。

画像を一枚指定すると、Genesis 8フィギュアをでっち上げてくれるのだ。


▲孤独にグルメを楽しむ人と、釣りバカな人

顔の認識機能はなかなか強力で、実写はもちろんマンガの顔でさえ取り込める。(デフォルメがすぎると無理かも)

無料版は額にDAZのロゴが入る上、保存は3回までという制限つき。

制限解除するには、有料版を買ってシリアル番号を登録する必要あり。

Face Transfer Unlimited 

FaceTransferのざっくりした使い方

Window→Panes(Tabs)→FaceTransferを選択

Face Transferウインドウが表示されるので、「画像を選び」「男性女性を選び」「生成開始ボタンをクリック」

あとは、待てば写真から生成した3Dフィギュアが表示される。

これはメチャ遊べるよなぁー!

顔画像をFace Transferで取り込んでみた

水曜どうでしょう

「おい、パイ食わねぇか!」 たのしい。

え○なりかずき

某ピン○子さんと揉めているという彼。取り込んだら全くの別人になってしまった。雰囲気はある…か?

それっぽい髪が見つからなかったのが敗因かも知れない。

アニ○浜○

気合だっ気合だっ気合だっ!の人。うわぁ、表情豊かだなぁ。

G8って、こんな顔できるんだ…。いや、テクスチャの陰影とシワがリアル感を増しているのか。

サンシャ○イン池○

空前絶後のォー!の人。鉢巻ごと、顔のテクスチャとして取り込まれてしまった。勢いが合っていいかも。

仲○由紀○恵

ごくせんよりも、トリックよりも前の若いころの写真から。こんなん似過ぎだろう。

たぶん、10年かけても、私は自力でこのレベルまで似せる自信はない。

広○すず


かなり似ている。すごい。

マ○コ(この部分の伏せ字はヤバイ)をプラスして、夢の共演的な演出で遊ぶこともできるのだ。

○リリン・モン○ー

いい感じにけだるさが取り込めた。おっと、ほくろもちゃんと取り込めているな。

あ○ん

ごちそうさんとか、花咲舞とかに出てる人。

何かに苦悶している表情を取り込み。すごいなこの顔。

3Dゲームキャラ ティファ

3Dゲームのキャラなら、完璧に似るだろう…と思ったけど、ちょっと予想と違った。

ゲームキャラは顔が似てるとかよりも、服装や髪型を合わせたほうが「似てる!」って感じになりやすのかも。

劇画調マンガ(ファブル)

↑マンガを取り込んだところ。目や口、鼻の位置識別がちゃんとできてる

ザ・ファブル 

※マンガは、劇画調のもの以外はエラーになって読み込めなかった。

ファブルとかジョジョなんかは、そこそこ認識してくれた。

海外ドラマ主人公 ビッグバンセオリーのシェルドン

解像度低い画像でも、謎のリアルさが醸しだされている。

だけど、元ネタを知らずに見たら、誰なんだかわかんないかも。その証拠に出来上がった画像を「Googleで画像検索」しても、元ネタの顔は出てこなかった。

坂本龍馬

あー、なんかそれっぽい感じ出てるかも。

横向きの白黒画像だったんだけど、予想外に綺麗に取り込めてる。

絵画の美女

油絵で描かれていた美女を取り込んだところ、こんな感じに。雰囲気は取り込めてる感があるが、赤い。

赤っぽくなったときの対策は、下の方に書いたので見ておいて欲しい。

織田信長の肖像画

浮世絵風だったんだけど、一応取り込めた。なんとなくテイストは出てる感じがする。

大和田専務

ドラマ半沢直樹の超個性敵役。香川照之が演じていた。激似!

ジャックスパロー

パイレーツオブカリビアンの。だいぶ忠実にできてる。

ジョーカー

もうすぐ公開予定の映画から。まあまあいけてるけど、取り込みの境界線部分のメイクはぼやけてしまう。

取り込めなかった顔

動物(犬)の顔、デフォルメされたマンガの登場人物、ゴッホの自画像、ジョジョの石仮面など。

人間の顔だと認識しづらい画像はダメっぽいです。

シェイプだけ、テクスチャだけ使いたい

Face Transferで、たまに秀逸なテクスチャが取り込めることがある。

あぁ!顔の形は、市販のキャラで、テクスチャだけ使いたいな!

ってときは、モーフの「Face Transfer」を0%にしてから、好きな顔シェイプを100%にしてやればOK。

そう、Face Transferで取り込んだ形状は、内部ではFace Transferモーフとして保存されるのだ。

モーフの場所は、Actor→Head→Face Transfer。階層たどるのが面倒なら、Parametersの右上の虫眼鏡(検索窓)に、faceって入力してEnterキー押せば出てくる。

あとは、Actor→Headから好きな頭を選んで、100%にしてみよう。

ちなみにこれは、適当な顔画像のテクスチャと、Peiのシェイプを組み合わせたもの。

ヒャッハー!いいじゃないか。

なお、Face Transferで取り込んで出来たモーフ「Face Transfer」は、別画像を取り込むと上書きされてしまうが、名前を変えておくと以前のモーフを保存しておける。

つまり、複数の人物を取り込んで、モーフをブレンドすることができるということだな!

(どの程度効果的かは、いまいちわからない)

不具合対策など

エラー対策

ポチッとクリック、すぐできる…というのがウリなはずなのにエラーが出て、全然できないよ!あほか!

と憤っているあなたは、こちらをご参考に。

Face Transfer failed to generate. DAZ STUDIOのFace Transferでエラー
DAZ Studio 4.12の新機能、Face Transerでのエラー対処方法を覚書しておきたい。 私は、何の画像を選んでもエラー...

赤っぽくなる対策

画像によっては、必要以上に赤くなってしまう。

↑赤すぎ!

理由はよくわからんけど、Sufacesタブの「Trancelucency Color」をどす黒い赤に変更すれば、マシになる。

とりあえず黒っぽくなるよう、以下のように変えた。

画像によって調整すること。単純に毎回黒だと死体っぽくなることもある。

おお、ジャックスパロー感アップ!

なお、Alt+Shift+Mを押すと、クリックした箇所のSurfaceが自動的に開くようになるので、色変更作業が多少楽になる。(Surface Selection tool)

効果は、DAZ STUDIO上部の言葉で言い表しにくいアイコンをクリックしたときと同じだ。

重くなる対策

Face Transferのせいではないが、DAZ StudioでG8フィギュアを何体も出すと遅くなる。

ポリゴン削減ツール、Decimatorを使うと、操作はだいぶ軽くなった。

Face Transferで作ったフィギュアから、下着を全削除してDecimatorで50%程度にポリゴン削減するといいようだ。

ポリゴン削減ツール Decimator for DAZ Studio
重いDAZフィギュアのポリゴンを減らして、表示をサクサクに軽くするツール。 Decimator for DAZ Studio  ...

有料版Face Transfer

額のウォーターマークは、お試し版の証。有料版を買うと、非表示になる。

買った。

DAZ公式サイトのマイページから、「Serial Numbers」を選ぶと、Face Transfer Unlimitedのシリアルナンバーが表示されるので…

DAZ StudioのHelp→About Installed Pluginsに、シリアルナンバーを登録する。

登録後、DAZ Studioを再起動すれば、Face Transfer Unlimitedが有効化。

Face Transfer Unlimited