DAZ STUDIOでエラーが出て困ったときの対処方法

DAZ STUDIOで出力されるエラーは独特というか、不親切というかとにかくわかりにくい。

というわけで、こういうエラーや症状の場合はこうやったら治ったよ、というハウツーをまとめておきたいと思う。

なお、基本操作はこちらをチェック。

DAZ STUDIOの使い方・入門 日本語化とフィギュア・インストー ル
DAZ STUDIOの初心者向け使い方を解説。画面のスクリーンショットを多用してステップバイステップでわかりやすく作ったチュートリアル。フィギュア呼び出しからレンダリングまで。

DAZ STUDIO/エラーじゃないけど動きがおかしい

エラーじゃないけど、何か変というやっかいな状況が多々起こる。一度対処しても、すぐ忘れるのでこうやってメモしておくしかないのだ。

エラーじゃないけど、なんかフィギュアの表示がおかしい ハウツー:アイコン右上の更新マークをチェック

フィギュアは日々アップデートされている。アップデートされたデータをインストールしておかないと、表示がおかしくなることがあるのだ。

Smart Contentsのアイコン右上に妙なマークがついていたら、更新が必要という合図。何も考えずに更新しよう。

DAZ STUDIOでフィギュアの表示がおかしい!?
かなり頻繁にバージョンがあがるDAZ STUDIO。 久々に起動したら、かなりバージョンがあがってて、新しく買ったフィギュアがうまく表示されないなんてことがある。 1時間ばかり苦労したので、覚書しておきたい。 SAKURA 8...

プラグインをインストールしたのにメニューに出てこない ハウツー:シリアル番号チェック

プラグインの中には、シリアル番号の入力が必要なものがある。だけど、「シリアル番号が入っていないので、入れてね」といったメッセージが特に出ない。スパルタな対応といえるだろう。

下記記事の「インストール」の項目に、シリアル番号を入力する箇所があるのでご参考に。

HeadShop OneClick2 人物写真をフィギュア化するツール
DAZにて、人物画像をDAZフィギュア化できるDAZ STUDIO用ツールをゲット。 HeadShop OneClick2 具体的には、人物の写真からG2、G3、G8フィギュアの頭部のシェイプとテクスチャを出力するというもの...

DAZ Studioにインストールしたフィギュアが見つからない ハウツー:ソート順変更

正確には、「インストールは終わったっぽいけど、どこに入ってるかわからない」だ。

手っ取り早い探し方は、Smart Contentsで、「Sort by Order Date:Recent First」を選び、All Productsをクリックすること。

購入日順にアイテムが表示される。

「Sort by…」のすぐ上の「Enter text to filter by…」と出ている検索窓にアイテム名の一部を打ち込めば、フツーに表示される。

Smart Contentに何も表示されない、!マークアイコンが表示される ハウツー:日本語パスを使ってないかチェック

Smart Contentに何も表示されない場合は、設定を間違えてる可能性あり。

経験上、よくあるのはコンテンツを格納するファイルに日本語が入ってて、外国産のDAZ STUDIOがうまく処理できてない、というケース。

まずは、設定内容をチェックしてみよう。

画面上部のメニューから、Edit→Preferencesを選択

Preferences画面が表示されるので、Contentタブをクリックし、Content Directory Managerボタンをクリック

Content Directory Manageが表示されるので、「CMS Cluster Directory」か、「DAZ Connect Data」のファイルパスに日本語が入ってしまってないかチェック。

日本語パスになってたら、ファイルパスをクリックして選択状態にしてから、画面左の「Directory:Edit」をクリックして別の(ファイルパスに日本語が入っていない)フォルダを指定しよう。

変更時に、「今のコンテンツデータベースがぶっ壊れるぞ」みたいなメッセージが出てビビらされるが、他にどうしようもない場合は、Yesで押し通るしかないだろう。

変更したら、DAZ Install Managerのインストール先フォルダも変更しておこう。

DAZ Install Managerの右上の歯車アイコンをクリック

Setting画面になるので、Installationタブをクリックし、画面左下の「+」をクリック。ラベル(管理名)とファイルパスを入力し、Content Path Shorcutsを入力した管理名に変更。最後にAcceptをクリック。

これで、Smart Contentにアイコンが出現するはず…。

DAZ STUDOでエラーメッセージが表示される

dForceを使おうとしたらエラー「Could not find a avalid OpenCL device」ハウツー:ビデオカードが古かった

パソコンが古いと、布シミュレーション機能dForceを使うときにエラーが出る。対処方法は、パソコンを買い替えて新しくする(か、ビデオカードを新しいものに変える)しかない。

Could not find a avalid OpenCL deviceエラーで、dForceが使えない
古いグラフィックカードだと、DAZ Studioの布物理シミュレーションdForceが使えない。 Simulashon Settingsの「Simulation」ボタンをクリックしたときにこんなエラーが出るのだ。 ▲Coul...

Face Trancfer機能で「Face Transfer failed to generate.」 ハウツー:出力パスに日本語が入ってる

「フェイストランスファーは生成に失敗しました」というノーヒントなエラーメッセージ。

原因は、ファイルパス(フォルダ名+ファイル名)に日本語が含まれているせい。

出力先を、c:\wk\ とかに変更すると、なんだったの?というくらいあっさり解決する。

DAZ Studioで顔写真から3Dモデルを生成 Face Transfer
DAZ STUDIOに、Face Transferというおもしろ機能が搭載された。(V4.12~) 画像を一枚指定すると、Genesis 8フィギュアをでっち上げてくれるのだ。 ▲孤独にグルメを楽しむ人と、釣りバカな人 ...
タイトルとURLをコピーしました