Poser11日本語版バグ ValueOperationsウインドウが出ない

Poser11日本語版には、けっこうひどいバグがあるらしい。

依存パラメーターと言えばいいのか、2つ以上のパラメータを連動して動かす設定画面が、まるごと1つ消失しているらしいのだ。

具体的には、フィギュアなどのパラメータパレット上で「Edit Dependencies」をクリックしたときに出てくるウインドウに「Value Operations」というタブが出てこない。

原因

Poserのインタフェースは、言語ごとに設定ファイルが用意されている。(たぶん)日本語用のインタフェース設定ファイルが間違っている。

ざっくり見たところ、英語用の設定ファイルには以下の記述があるのだが…

日本語用設定ファイル(Japaneseフォルダ以下)にはこの記述がない。何かがおかしいのだ。

(とりあえずの)対処方法

ざっくり言うと、インタフェース用の設定ファイルを、英語用のファイルに置き換える。

※以下、実際にPoser日本語版を使った方のレポートに沿って、記事を一部修正。

Poser11用ユーザインタフェース設定フォルダは以下の通り。

<Poser11インストールフォルダ>\Runtime\ui

私の場合は、以下のフォルダにインストールされてた。

C:\Program Files\Smith Micro\Poser 11\Runtime\ui

このうち、以下のファイルが「依存パラメータ」の画面設定ファイルだ。

dependentParmEdit.xml

具体的な作業手順

※以下の作業は、Poserを終了させた状態で行う。

1.設定ファイルを適当なフォルダにコピーするなりしておこう。いざというときに、元のファイルに戻すためだ。

C:\Program Files\Smith Micro\Poser 11\Runtime\ui\dependentParmEdit.xml を適当なフォルダにコピー。

2.<Poser11インストールフォルダ>\Runtime\ui\altUI 以下にこんなフォルダがある。このうち「Japanese」が日本語版用のフォルダだ。

3.以下のとおりに、ファイルを上書きコピーする。

コピー元

<Poser11インストールフォルダ>\Runtime\ui\dependentParmEdit.xml

コピー先

<Poser11インストールフォルダ>\Runtime\ui\altUI\Japanese\dependentParmEdit.xml

4.Poser起動

試したかたによると、結果、表示が一部日本語化されたりして怪しい雰囲気になるけど、無事にタブが表示されたとのこと。

まあ、めったに使われない機能なんだろうけど、「画面があるかどうか」ぐらいは、ちゃんとテストしてから発売して欲しいところ。

それはともかく、Poserが好きで遊んでいる者として、何かの役に立てたのなら幸いである。