DAZ STUDIOの表情ツール G8男性究極の顔芸モーフがここに

少なくとも全世界で私だけは切望していた、男性向けのAuto Face Enhancerが登場。


Auto Face Enhancer HD With PowerPose for Genesis 8 Male(s)

顔ポリゴンを高精細度化した上で、生きた表情を再現できるツールである。

公式ページでは、相変わらず変顔ツールですみたいな紹介の仕方をしているが、そうじゃないんだなぁ。こんなライブ感のある表情が出来るのは、このツールだけなのだ。

女性版と違って、男性版AFE(Auto Face Enhancerの略だ)は、3種類に分かれている。バンドルを買えば全部入りになるけど、必要なヤツだけ買ってもいいよ!ということらしい。

一見してわかりにくいが、こういうことっぽい。

  1. Auto Face Enhancer Skin HD Details for Genesis 8 Male(s)
    基本のツール。顔HD化と、Poserposeインタフェースでドラッグ操作で表情作れる。サブディビLV2。
  2. AFE – Real Male HD Expressions for Genesis 8 Male(s) 
    表情集。ダブルクリック一発で顔が変わる。
  3. Auto Face Enhancer Skin HD Details for Genesis 8 Male(s) 
    スキン集。ドアップに耐えられる顔のシワやデコボコなどをつける。サブディビLV3。
  4. Auto Face Enhancer Genesis 8 Male(s) Bundle
    上記3つの全部入りバンドル。

最低限「基本のツール」があればいいけど、「表情集」があれば、なお良し。だけど、2つ買うなら、全部入りのバンドル版を買っても値段同じくらい、という絶妙な値付けだ。やるな。

そしてやっぱり、Face Transferとの組み合わせが面白い。

バンドル付属品 Auto Face Enhancer Genesis 8 Male(s) Bundle

私は、バンドル品をゲットした。

基本ツール Auto Face Enhancer Skin HD Details for Genesis 8 Male

  1. AFE D.MAster shop 製作者の商品一覧(宣伝用)
  2. AFE Applying Materials マテリアルの適用法(PDF)
  3. Auto Face Enhancer 基本ツール
  4. On PowerPose PoserPose有効?
  5. PowerPose OFF PowerPose無効?
  6. PowerPose Reset PowerPoseで付けた表情をリセット
  7. SubD 2 顔の分割度をSubD 2レベルに

とりあえず、基本ツールのAuto Face Enhancerを適用。女性版と同じく、顔の部分だけテクスチャがおかしくなる。

Surfacesタブで、マテリアルをコピーすると元に戻る。

Surfacesタブで、Genesis 8 Maleを右クリックすると、こういうメニューが出る。


▲??は、日本語化したときにおかしくなった箇所。直し方は追々調査中。

Copy Selected Surface(s)をコピーして、Auto Face Enhancerで右クリックして、Paste Selected Surface(s)で貼付けするのだ。

あとは、Power Poseタブをいじると、好きなだけ表情をいじり回せる。(Power Poseタブが出てないときは、Window→Panes(Tabs)→PowerPoseで出てくる。

AFE – Real Male HD Expressions for Genesis 8 Male(s)

この表情集だが、基本ツールがなくても単純に表情集として使える。

単体で使う場合、「SubD2」アイコンをダブルクリックで、フィギュア全体のポリゴン精細度がSubD2レベルに細かくなるため、少々操作が重くなるかも知れない。

※Auto Face Enforcer基本ツールを適用した場合は、顔だけが精細度 SubD2になるので少々軽め。

左がSubD2レベル、右がノーマル。シワの刻まれ方が変わってくる感じだけど、そんなの顔ジワマニアでも無い限り気にしないかもなぁ。

Auto Face Enhancer Skin HD Details for Genesis 8 Male(s)

スキン集。顔のシワとか、ニキビ跡のボコボコとかのテクスチャを適用するためのもの。

アイコンはシンプル。SubD0~SubD4は、フィギュアの精細度を変えるユーティリティだ。

Trun On AFE Skin Detail 01~03を適用すると、シワや血管などのモーフが有効になる。01、02、03でそれぞれ細かさが違う。03がもっとも細かいが、細かい部分を実感するにはSubD4くらいにしないといけないかも。

各種ディテール用テクスチャの適用は、Paramtersパネルにで、Genesis 8 Male→Actor→Head→Auto Skin Details以下のパラメータでおこなう。

例えば、AFE All 40 Age Lines(40代のシワ?)を100%適用してみると…

顔の各部に細かいシワが発生する。でも微妙だなぁ。

血管テクスチャをオンにするとこう。

いろいろ

色んなシワや肌荒れ要素(?)を加えると、確かにおっさん度が上がる気がする。

海外にはオッサンのディティールに凝って、くふぅ…オッサン度アップだぜぇ…と感極まる層が居るのかも知れない。

まとめ

表情集は、単体でもなかなかの破壊力。表情集組み合わせるだけでも、生きてる表情作れそう。

PowerPose使って微調整したい人は、基本ツールも買うと良いかも。

スキン集は、どうかな、オッサンの肌荒れをドアップで表現したい人以外は要らない気がした。

タイトルとURLをコピーしました