Poser11で、Genesis3やGenesis8を使う方法 | Poser覚書

Poser11で、Genesis3やGenesis8を使う方法

Poser11で、Genesis3やGenesis8を使うなんて、最初から諦めていた。

だけど、RenderosityにてG3、G8の変換ツール(というか、ほぼチュートリアル)を見つけた。


Genesis 3 Poser Updater

無料でダウンロードできる。

Renderosityのフォーラムによると、G3用だけどG8も使えるよ!とのこと。

Genesis 8 in Poser 11(Renderosityのフォーラム。英語)

やってみた

できた!Poser11に、Victoria8がやってきた!

というか、以前に似たようなことを試してた。

DSON対応のDAZ STUDIOデータをPoserで使う – Poser覚書

違いは、Poserファイル(cr2ファイル)が出来た後に、上記の同梱のツールを実行したこと。

何かしらの微調整をしてくれたということだろうか。

  • DSON Importer for Poser経由で呼び出せる
  • モーフは有効。
  • マテリアルは、テクスチャのみ指定されたシンプルなものに置き換わる
  • SAKURA8など表示がおかしくなるものもあり

そんな感じ。Poserに持ってこれたからと言って、何かすごく嬉しいことがあるわけじゃない。

DAZ STUDIO上で使ったほうが服のオートフィットとか、Irayレンダリングとか、きっと色々楽しいと思うのだ。

困った点いろいろ

モーフは、BODY直下にずらりと並ぶ。

頭部モーフをいじろうと思って、HEADを選択状態にしてもモーフが出てこない。

まあ、それほど困らない。

※DAZ STUDIO操作時には、BODY選択時にもHEAD選択時にもモーフが表示される。

透明マップが設定されてなくて、白目状態になる。

マテリアルルームにて、目のパーツ「Cornea」のTranceparency(透明度)を1.0に手動設定すれば、一応表示される。

Sakura8の目が完全にイッてしまう

HEADモーフのSakura 8 Headを操作して、顔をSakura8にしようとしたところ。

昔のウルトラマンなどで使われていた「地底人」みたいな状態になる。

は?地底人?何言ってるの?という若い世代の人は、こちらを参照。

ウルトラマンの地底人

まとめ

基本、PoserにG3やG8が持ち込めてもそんなに嬉しくない気がした。

何か特殊な用途で、G3やG8をPoserに持ってきたいんだ!どうしても!っていうときには、思い出してみるといいんじゃないだろうか。

私は最近遊んでる、遺伝的アルゴリズムで芸能人顔を作るシリーズをG8ベースでやってみたいと思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする