Iray向け室内ライト 謎の雰囲気がでるゴーストライトセット


▲エルフ:Mika 8  オーク:Orc HD for Genesis 8 Male  ゴブリン:Hobgoblin HD for Genesis 8 Male 

DAZのゴーストライトセットをゲット。


Iray Ghost Light Kit 3 

3、というからには1とか2もあるのだが、とにかくわかりにくかった。タダのライトじゃあないのか。普通のライトと何が違うんだ?なんか知らないけど、買わなくていいな、一部のマニア以外にはそんな評価だったんじゃないだろうか。


Iray Ghost Light Kit  素人にはライティングがうまいだけじゃ?と写る

そこでリリースされたパート3は、素人にもわかりやすい直球でゴーストライトを出してきた。


フィギュア:Multi-Man for Genesis 3 Male

ゴッドレイと呼ばれる、光のスジが目に見える現象を具現化するアイテムだ。空中にはチリが舞って、より空間を感じさせるようになっている。

なるほど、これなら買いやすい。なぜなら、私が買ってしまうぐらいだからな!

付属物

  • プロップ
    • ゴッドレイを放つ特殊プロップ
  • マテリアル
    • プロップの光の色や強さを変更するマテリアル
  • ユーティリティ
    • デノイズ機能のオン・オフユーティリティ

まずプロップから見ていこう。

このアイテムがわかりやすいのは、棒状のプロップをシーンに置くと、光の当たる場所が見える点だ。Iray環境でのライトって、調整が難しいだろう?

しかし、このアイテムは何も考えずにドン、と置けば光を表現してくれるのだ。HDRIを光源に使ったシーンでも、ひと目でわかるほどの効果が出る。

しかし、ゴーストライトが真価を発揮するのは室内シーンである。


フィギュア:Sue 背景:Vandalized Parkside Passenger Car

謎の雰囲気があたりを満たす。人物はちょっと光から遠ざけたほうがいいのかも知れないな。

点光源プロップを置くと、こんな感じに不気味な雰囲気。

続いてマテリアル。

光に色をつけたり、光の強度を調整したりできる。光源となる板ポリを両面ポリゴンにしたり、空中のチリの量を調整したりできる。

最後にユーティリティ、レンダリングのデノイズ機能のオンオフだ。

このゴーストライトに唯一の欠点を上げるとしたら、レンダリング速度だろう。もちろん、マトモに光を当てて似たような効果を出そうとしたら1000倍くらい時間がかかるので速いのかも知れない。

でも、ごく小さい画像を出力したい場合は、適当にレンダリングを切り上げて、ザラザラした部分はデノイズ(ノイズ除去)機能を使ってごまかしたくなるのだ。でも本来は、プレビュー用と本番レンダ用に使うものかも知れない。


▲良い雰囲気だけど、レンダリング完了までに時間がかかる…

まとめ

  • 簡単にゴッドレイを表現できるアイテム。ゴーストライトプロップを配置するだけ
  • 光のスジと宙を舞うチリが空間の奥行きを感じさせる
  • レンダリングには、それなりの時間がかかる。


Iray Ghost Light Kit 3 

タイトルとURLをコピーしました