fSPY 画像からカメラデータを割り出す合成写真作成補助ツール

フリーウェアのfSPYを使ってみた。

写真画像を読み込ませて、壁や柱などの傾きに合わせてガイド線をおくと、3Dソフトで使えるカメラの情報を割り出してくれるというツールだ。

公式サイト:fSpy

使いこなすと、こういう面白げなことができる。

fSpy – open source still image camera matching from Stuffmatic on Vimeo.

fSPYのダウンロード&インストール

公式サイトをひらき、Downloadボタンをクリックで、ダウンロードページ(というかGithubというソースコード共有サイト)に飛ぶ。

リンクがずらずら現れるが、Windows用は上の2つ。下から2番めの.exeはインストーラーつきかな。あとはmac用。

zipを展開するとfspy.exeが現れるので実行すればOK。

fSPYの使い方覚書

まず、ざっくり触った感じを覚書しておく。

画像をドラッグして、線を柱やタタミのヘリに合わせると、右側にカメラパラメータが出てくる。Copyボタンで値をコピペできる。

だが、この値をDAZ STUDIOにそのままコピペしようと思っても、どこに何をコピペしていいかわからんのだ。カメラの知識が必要ということらしい。

Blender用には、値をインポートするツールが用意されていた。DAZ STUDIOにもないものか。

GitHub – stuffmatic/fSpy-Blender: Official fSpy importer for Blender ←Blender用のインポータ

目分量でfSPYを使う

本来なら、fSPYの割り出した値をDAZ STUDIOにインポートするのが理想だろう。でもやりかたがわかんないので、こうやって使った。

まず、fSPYで1とか2とか描かれてる線を柱やタタミと並行になるよう配置。これで、画面のパースが決まる。

透明の立方体を適当に動かしてみて、部屋のパースと立方体があっているかどうかチェック。

DAZ STUDIOを起動し、EnvronmentタブでBackdropに画像を指定して背景に画像を表示させる。地面のワイヤーフレームをなんとなく画像のパースに合うよう視点を回す。


フィギュア:DAZ Hashimoto Character and Hair for Genesis 8 Female 

立方体を置いて、画像のパースに合う視点をフィーリングで探す。

カメラのXRotate、YRotate、ZRotateのほか、CameraパラメータのFocal Lengthもいじる必要があるかも知れない。

3色キューブでだいたいの位置合わせをして、Parametersタブのスライダーで微調整するのが良さそう。

実際に物を配置してみて、違和感がないかどうか見てみる。

うん、大丈夫そうかな。

人間も配置してみたり。人の尻から別の人の顔が突き出ているなどテキトーだけど、まあ違和感は少なめだ。

ていうか、目分量でカメラ調整するんならfSPYいらないんじゃないのか。

まあ、そのうち便利な使い方を再発見するかも知れないし、いったんここで覚書を終わる。

タイトルとURLをコピーしました