DAZ STUDIOでIrayレンダ画像をAIノイズ除去

Blender2.81搭載のAIノイズ除去機能を、DAZ STUDIOで使う覚書。


▲舐められ:Sue 舐め:CO Reine 

この方法は、2時間レンダしたけどノイズが残っちゃったよ!設定変えて再レンダするのヤダ!というときに役立つ。

つまり、ノイズが残ったレンダリング画像に対して、自然なノイズ除去ができるのだ。

DAZ STUDIOのレンダリング設定にも「デノイズ」はあるけども、2つの欠点がある。

  • 指定時間経過、もしくは指定回数のイテレーション後にデノイズをかける設定のため、ちょうどよいタイミングでデノイズするために試行錯誤が必要
  • グラフィックボードのメモリに載り切らないシーンでは、デノイズが効かない

今回紹介するOIDN(Open Image Denoise)は、ノイズだらけの半端なレンダリング画像に直接でノイズをかける。

こういうザラッザラなjpg画像を指定すると…

このレベルにデノイズしてくれるのだ。超美麗!

この画像の場合で、デノイズにかかる時間は十数秒程度。CPUのみで動作するタイプだ。

つまり、「できるだけフツーにレンダリングして、でもまだノイズが残ってる画像」に対して、デノイズをかけられるので、めちゃめちゃ効率が良いのだ。

インストール方法

OIDNは、そのままでは扱いの難しいコマンドラインのモジュールだ。jpg画像を直接扱うこともできない。

そこで、DAZ STUDIO用に無料公開されているGUIと、画像変換用のImageMagickというライブラリを組み合わせるのだ。

なお、以下の手順はWindows10、64ビットを前提としている。

OIDNのダウンロード・インストール

Intel Open Image Denoiseの公式サイトから、Windows用のパッケージ(zipファイル)をダウンロード。

Intel Open Image Denoise Download

解凍すると、こんな感じのフォルダが現れる。

このフォルダごと、適当な場所にまるごとコピーする。なお、海外製のツールを使うため、日本語パスを含まないパスにコピーしておいたほうが無難だ。

今回は、c:\tools\oidn というフォルダにコピーした。

これで、OIDNの準備は完了。

Image Magickのダウンロード、インストール

Unage Magic公式のダウンロードページから、Windows Binary Releaseの一番上にあるやつをダウンロードしよう。

ダウンロード方式はHTTPでもFTPでもいいけど、HTTPの方がネットワーク環境による失敗が少なくていいんじゃないかと思う。


ImageMagick – Download

exe形式のファイルを実行すると、インストールウィザードが表示される。途中、一箇所だけ、Selecte Additional Tasksの画面で、「Install Legacy utilities」にチェックをつけよう。

今回のツールでは、レガシー(古い)なユーティリティ、convert.exeが必要なのだ。

インストール先は、デフォルトだと、c:\Program Files\ImageMagic-7.0.9-Q16になっていた。

mcjDenoiseをインストール

mcjDenoiseはDAZ STUDIO用のスクリプトだ。

別記事でも紹介したけど、有料級のスゲースクリプトを多数、無料で公開されている。

DAZ STUDIOのタイムラインを遅延コピーするスクリプト
遅延コピーというのは、例えば5フレームだけズラしてコピーするということ。 こういう動きが可能になる。 #DAZStudio のアニメーションを別フィギュアに遅延コピーするという素晴らしいフリースクリプト。 作者は、長年に渡って...

mcjDenoiseの詳細ページから、zipファイルをダウンロードする。


mcjDenoise – mcasualsdazscripts9

ちょっとわかりにくいけど、ページを一番下までスクロールさせて、右下の青い小さな矢印をクリックするとダウンロードが始まる。

解凍すると、アイコン用のpngと、DAZ STUDIO用のスクリプト(.dsa)が現れる。

この2つをDAZ STUDIOのContent Libraryの好きな場所にコピーしよう。やり方がわからない人は、以下を参考に。

私は、Content LibraryのDAZ Studio Formats以下に、Scripts→mctoolsというフォルダを作ってコピーした。

フォルダは、親フォルダを右クリックして、Create a Sub-Folderを選ぶと好きに作ることが可能。

ファイルをコピーするには、コピー先のフォルダを右クリックして、Browse to Folder Locationを選ぶとエクスプローラが開くので、先ほどの2つのファイルを普通にコピーする。

Content Libraryのコピー先フォルダ右クリック→Refreshで、表示が最新の情報になり、mcjDenoiseが現れる。

これで、インストールは完了だ。

mcjDenoiseの使い方

mcjDenoiseをダブルクリックすると、以下の画面が現れる。

上部のBrowseをクリックして、Image MagicKのconvert.exeと、OIDNのdenoise.exeの場所を指定しよう。

今回は、以下の場所を指定した。

  • Image MagicK … c:\Program Files\ImageMagic-7.0.9-Q16\convert.exe
  • Inten denoise … c:\tools\oidn\bin\denoise.exe

この設定は初回のみで、次回からは設定内容が記憶される。

「Select Input Base Image」をクリックして、Output Filename=input+_outにチェックをつけ、Apply/Create Output Imageをクリック。

十数秒後には、デノイズされた画像が元画像と同じ場所にファイル名_out.jpgというような名前で保存される。

なお、画像を指定する場合、画像のファイルパスに日本語が含まれていると、途中でエラーになってしまうので注意。

これで、デノイズ済みの画像が出力された!

連番画像に対して、まとめてノイズ除去する方法

このツール、しっかり連番画像にも対応している。

例えば、mika_001.jpg、mika_002.jpg…という連番ファイルがあったとしよう。

連番ファイルの一番最初のファイルmika_001.jpgを選択して、Apply/Create Whole Sequenceボタンをクリックで、連番ファイルへのノイズ除去が可能。

アニメーションづくりをする人にとっては、とてもありがたい機能だ。ついでに、モーションブラー機能もついてたら言うことなかったな。

まとめ

  • OIDNというBlender搭載のデノイズ機能をDAZ STUDIOで使うことが可能
  • 入力は画像ファイルなので、DAZ STUDIO以外でレンダした画像でも使える
  • ファイルパスに日本語が入っていると、とにかくトラブる。
タイトルとURLをコピーしました