クリスタで背景のぼかし方 イラストの一部をぼかすのできない?

クリスタで背景のぼかし

クリスタで背景だけぼかした例
▲微妙に人物から離れた部分だけぼかした例(人と背景は別レイヤー)

CLIP STUDIO PAINTでは、背景の弱調化、漫画風ぼかしや、グロー効果などのぼかし(モザイク)加工が可能。

モバイクは、「フィルター」 →「効果」→「モザイク」を選択。次に「ブロックサイズ」の数値を調整して、レイ ヤー全体や選択範囲内にモザイク加工をかける。

ぼかしをかける際には「フ ィルター」→「ぼかし」→「ガウスぼかし」で、ぼかしがかけられる。

ガウスぼかし

ガウスぼかしは、画像のピクセルの周囲のピクセルの値を平均化して、その値でピクセルを置き換える処理だそう。これにより、画像の輪郭がぼやけて、奥行き感や立体感を表現することができる。

一部をぼかす場合は、選択範囲で指定してからぼかす。

グロー 効果」を使っても全体的に発光した感じの、違うテイストのぼかしが可能だ。さらに、「移動ぼかし」を 使うことで前景や背景を遠近感を付けて表現することができる。

ぼかしの効果的なポイントは以下の通り。

  • イラストのフォーカスを人物やオブジェクトに当てたい場合、背景をぼかして、人物やオブジェクトを際立たせることができます。
  • イラストに奥行き感や立体感を与えたい場合、背景をぼかして、遠景と近景を分離することができます。
  • イラストに夢幻的な雰囲気や幻想的な雰囲気を与えたい場合、背景をぼかして、現実感を曖昧にすることができます。

クリスタの背景ぼかしができない、なぜ?

ぼかしがうまくいかない

は?できないけど?

クリスタの背景ぼかしができない理由は?

クリスタで背景のぼかしができない原因は、大きく分けて以下の3つが考えられる。

  1. ぼかし対象のレイヤーの種類が間違っている
  2. ぼかしの設定が間違っている
  3. パソコンのスペックが足りない

1. ぼかし対象のレイヤーの種類が間違っている

クリスタでは、ガウスぼかしなどのぼかしフィルターは、ラスターレイヤーに対してのみ適用することができる。ベクターレイヤーやPSDレイヤー、グループレイヤーなどには、ぼかしフィルターを適用することはできない。

ぼかし対象のレイヤーがベクターレイヤーやPSDレイヤー、グループレイヤーになっている場合は、ラスターレイヤーに変換してからぼかしフィルターを適用する必要あり。

2. ぼかしの設定が間違っている

ぼかしの設定が間違っている場合も、当然というか、うまくぼかしがかけられない。具体的には、ぼかす範囲が大きすぎる、またはぼかしの強度が強すぎる場合、背景が完全にぼけてしまうことがある。

3. パソコンのスペックが足りない

ぼかし処理は、パソコンのCPUやGPUに負荷がかかる処理。パソコンのスペックが足りない場合、ぼかし処理が遅くなったり、途中で処理が止まったりすることがあるらしい。

パソコンのスペックが足りない場合は、ぼかしの範囲を狭くしたり、ぼかしの強度を弱くしたりとやりくりすることで、ぼかし処理の負荷を軽減することができる。

弱いぼかしを何度もかけると、強ぼかしと同じ効果が出るというわけだ。

が、ぼかし処理に対応できないスペックだとストレスが半端ないので、パソコン買い替えを検討したほうがいいかも知れない。

タイトルとURLをコピーしました