3DCG 用語集 コンピュータグラフィックス制作の初心者向け

DAZ Studio解説サイトを初めて見た時に専門用語がズラズラ並んでたら嫌になるだろう?私はイヤになる。

DAZ STUDIOで遊んでいて、「お前は何を言っているんだ」と思った用語をまとめてみた。

以下の記事の、DAZ STUDIOの基本的な使い方と合わせてチェックしてみて欲しい。

DAZ STUDIOの使い方・入門 日本語化とフィギュア・インストー ル
DAZ STUDIOの初心者向け使い方を解説。画面のスクリーンショットを多用してステップバイステップでわかりやすく作ったチュートリアル。フィギュア呼び出しからレンダリングまで。

3DCGの用語集 レンダリング系

レンダリング(Rendering) 配置済み3Dオブジェクトを描画する機能

シーンに配置したオブジェクトを、キレイに描画して画像を生成すること。パラメータが複雑でとっつきづらい。私はとりあえず、パラメータをいろいろ変えて試した結果を記録して体で覚えるようにしている。

DAZ STUDIOのレンダリング チュートリアル Irayの時間短縮
DAZ STUDIOのレンダリング設定を覚書してみたい。 バージョンは、4.12正式版(ベータじゃないやつ)を前提にしている。 General(全般)設定 Dimension Preset(Global) レンダリン...

シェーダーを調整して、セルアニメっぽく描画するも可能。「トゥーンレンダリング」と呼ばれる手法だ。

daz pwtoonでトゥーン表示 レンダリング設定を覚書
フィギュアを非リアルにアニメ調レンダリング(トゥーンレンダリング)する方法をまとめてみたい。 なお、下記の動作はDAZ Studio 4.12で確認済みだ。 daz pwToonでトゥーンレンダリング そこで、DAZ St...

綺麗にレンダリングするにはライトの設定が不可欠なのだが、とてもむずかしい。私は、緻密なライティングはあきらめて「ざっくり」で済ませることにしている。

DAZ STUDIOでざっくりライティング
DAZ STUDIOのライト関連をざっくり覚書しておきたい。 Sun-Sky Only 日付時刻指定で季節の日差しを再現 レンダリング設定で、Environment Modeを「Sun-Sky Only」にすると… 日付と...

Iray アイレイ 光の物理シミュレーション系リアルレンダリング

読み方は「アイレイ」だと思うけど、発音されている様子を耳で聞いたことがないのでわからない。グラフィックボードの機能を使って、現実感ある描画ができる機能…だと思う。Irayプレビューをオンにすると、レンダリングしなくてもレンダリング画像に近い形でリアルタイム表示ができる。

DAZ STUDIOのIray Previewをリアルにする設定
本番レンダ前に、ある程度リアルなプレビューを確認しておきたい。 なぜなら、何時間もレンダリングしたあとに「失敗した失敗した失敗した」と悔やみたくないから。 具体的には、↓このプレビュー画質を ↓こうしたい!...

グラフィックボードが非力だと、表示がとても重くなる。性能の高いグラボを搭載するほど描画が高速になる。

DAZ Studioのスペック 推奨グラボは何でしょう?
DAZ STUDIOが快適に動くパソコンのスペックは、グラボ性能が重要。NVIDIA GT1030でギリギリ全機能が使える最低レベルです。

マテリアル(Material) 質感データの設定

シェーダーと似たような意味で使われる。

シェーダーのセットがマテリアルという認識でだいたい良いだろう。

靴ひものシェーダーと、靴底のシェーダーと、靴本体のシェーダーを合わせて、靴のマテリアルになる、みたいな感じ。

「この服のマテリアルは6種付属してる」「マテリアルを切り替えて、髪の色を変更できる」などという使い方。

Smart Contentsでは、フィギュアデータの「Material」というフォルダ内に格納されていることが多い。

世代が違うフィギュア間では、UVマップ(テクスチャの割り当て位置)が違うために使い回しができないのだが、変換するツールもある。

Legacy UVs for Genesis 8: Victoria 4/G8フィギュアにV4テクスチャ適用
今では激安で手に入る、V4のテクスチャセットなどがVictoria8などのGenesis8シリーズに使えるようになるという素晴らしいキット。 Legacy UVs for Genesis 8: Victoria 4 Legacy...

マテリアル設定によっては、パーツを発光させることも可能。

DAZ STUDIOのemissiveでネオンみたいに光らせる
DAZ STUDIOのemissive機能で、遊ぶための覚書をしてみたい。 BEO2K10 v2 まだ何もわかってないので、ひとまずプレビューの仕方だけ。 わー、光ってる-。あとは、おいおい追記していこう。 プレビュ...

Shader シェーダー 質感設定のパラメータ群

3D形状に割り当て可能な質感データ。ただの立方体にガラスのシェーダーを割り当てると、立方体がガラスっぽくなる。DAZ Studioに付属してくるシェーダーだけでも、けっこう遊べる。

DAZ STUDIOのテクスチャ変更方法 textureフォルダはどこ?
DAZ STUDIOで、服の色(質感)を変更するShader(シェーダー)について覚書してみたい。 Irayシェーダーと、旧シェーダーは、テクスチャを変更なしでも大違い DAZの古いアイテムをレンダリングすると、なんだか変な感じ...

Surfaceの各パラメータの意味がわかっていると、自分で微調整ができてさらに遊びの幅が広がるのだ。

DAZ STUDIOのShader覚書 金属っぽくしたり、透明にしたり
DAZ STUDIOの質感をいじる覚書。 全体の質感を変えるには、シェーダーと呼ばれる質感プリセットを適用するのが手っ取り早い。 しかし、さらに細かくいじるにはSurfceタブにずらりと並ぶ難解なパラメータをいじる必要が...

3DCGの用語集 DAZ STUDIO独自系

dForce ディーフォース 布や服の物理演算機能

DAZ Studioの物理演算機能。布や髪が重力にしたがってフワッとしたりシワが出来たりする様子をシミュレートできる。それなりのグラフィックボードがないと動かない。シミュレートには、そこそこ時間がかかる。

DAZ dForce設定 服と布をシミュレーションでフィット
自然に服や髪をフィットする物理演算機能dForce。パラメータ指定が複雑なのが難点だ。実は、簡易的に設定できるdFore Surface Adjusterが用意されている。ウェイトマップで作用範囲を塗り分けて制御しよう。パラメータを変えたら布の動きがどう変わるか、GIF動画を使って解説。

Dform ディーフォーム ポリゴンの基本変形機能

モーフ機能なんだけど、DAZ STUDIOではこう呼ぶ。「Deform」のDAZ流の造語っぽい。簡易的なモーフを自作するための機能。便利な機能のはずなのだが、なんか洗練されてなくて使いにくい気がする。

少し工夫すると「テーパー」機能として使える。

DAZのD-Formで、トトロみたいに背景に迫力を出す方法
DAZ STUDIOのD-Form(デフォーマ)機能を使って、シーンに迫力を出す方法を覚書してみたい。 やろうとしていることはコレだ。 透視図法といえば、学生の頃、トトロのレイアウトに定規を当てたら一点透視のはずなのに消失点が2...

DAZ Script ダズ・スクリプト Javascriptライクに書けるスクリプト

DAZ Studioの操作を自動でおこなうためのスクリプト言語。Java Scriptに似た独自言語。解説サイトや資料があまりないので、初見だとハードルが高い。

DAZ SUTDIO スクリプトの導入・自作方法
DAZ STUDIOで操作を自動化したいと思ったので、スクリプトを色々調べてみた。DAZ Scriptの書き方や開発方法、サンプルコードなどのまとめ。

スマートコンテンツ(Smart Contents) 3Dモデル呼び出し機能

DAZ Studioで目的のフィギュアやプロップを探す画面。Windowsのエクスプローラーみたいなもの。

選択中のフィギュアに使えるデータだけを表示するなど、「データが多すぎて目的のフィギュア見つからないよキーッ!」というストレスを軽減することができる。

だけど、私は未だに使いこなしていない気がする。

フィギュア(Figure) 人型3Dモデル

DAZ Studioでポージング可能な3Dデータをフィギュアと呼んでいる。厳密には服や髪もフィギュアなのだが、「フィギュア本体」「髪」「服」「靴」などと呼ぶことが多い。(私の勝手なローカルルールっぽい部分もある)

ただ、あらためて振り返ってみると、人型の3Dモデルを「フィギュア」と呼んでいるのはPoserくらいで、DAZ STUDIOだって公式サイトは「3Dモデル」という呼び方をしている。この呼び方をするのは、旧Poserユーザくらいか?

DAZ STUDIO フィギュア 無料モデルと購入
高品質、無料のDAZ STUDIO用フィギュア(人体モデル)の探し方。DAZ公式のフリービーコーナーや、RenderosityのFreestuffコーナー、ShareCGなどはブックマーク必須。

3DCGの用語集 ポリゴン操作系

プロップ(Props) ボーン構造のない3Dモデル

3Dオブジェクトのうち、関節(ボーン)が入っていないものをプロップ(小道具)と呼ぶ。呼ぶんだけど、語感からどういうものか想像できないので「小道具」って呼んだほうがいいのかも知れない。

ボーン(Bone) フィギュアに組み込まれた関節構造

ポージングさせるための骨格のこと。フィギュアの中に簡易的な棒人間(ボーン)が入っていて、棒人間のポーズに周りの肉(ポリゴン)がついてくる(スキンバインディング)ようなイメージ。

ボーンと連動するポリゴンの設定・調整のことを「リギング」(Rigging)という。

DAZ StudioにはTransfer Utilityというツールがあり、服などを作りやすい。Transfer Utilityは、ボーン、ウェイトマップ、スキンバイディング設定をフィギュアからフィギュアへコピーするツールだ。本体から服へリギングデータをコピーすることで、メッシュ構造の異なる服が、本体と同じように曲がるのだ。

ポージング(Posing) 関節構造を持つモデルにポーズをつけること

もともとDAZ STUDIOは人型モデルのポージング用ソフトだった。

今でもそうだが、簡単に人体モデルが入手できて、ポーズをつけて遊べるソフトは珍しいのだ。あったとしても商業用で、モデル一体が何万円、何十万円もするのが当たり前。

一般ユーザーの趣味の範疇で人体モデルが触れるのは嬉しい限り。

DAZ STUDIOでポーズ PowerPoseとActivePose連携
DAZ STUDIOのポーズツール、Active PoseとPowerPoseを組み合わせるとポージングがしやすいので覚書しておきたい。 体の部位選択と固定は、PowerPoseツール PowerPoseは、人体画像のパーツをク...

モーフ(Morph) 単一パラメータでポリゴン変形する仕組み

フィギュアなどを変形させるデータ。モーフターゲット。Paramtersウインドウのパラメータを変化させることで、フィギュアが変形する。

フィギュア全体がムキムキの筋肉質になったり、服の胸部分がはだけたりする。脱げた感じに変形するのを、私は勝手に「脱げモーフ」と名づけている。

たとえば、以下のツールは、何もモーフが入っていない1.99ドルアイテムなどにも「脱げモーフ」を追加する。

Fit Control for Genesis 8 Female(s) 脱げモーフ追加&フィット調整ツール
Genesis 8用の服フィット調整&脱げモーフ付加ツールをゲット! Fit Control for Genesis 8 Female(s) プロモ動画がコレ。 デフォルトだと、水で濡れたようにボディラインに追...

中には、垂れ乳や三段腹を作り出すマニアックなモーフセットも出回っている。

Body Diversity Morphs for Genesis 8 Female 段腹・垂れ乳・セルライト集
G8女性に段腹やセルライトを付加するという謎の需要に答えるモーフ集。 Body Diversity Morphs for Genesis 8 Female(s)  アイテム名は、ボディの多様性モーフ、という感じの意味...

オリジナルキャラを作るには、Genesis 8などのベースキャラクターにモーフセットを追加し、パラメータを調整する方法が有効だ。

タイトルとURLをコピーしました